September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 生きもの会議 | トップページ | ifex11:ユリの展開 »

2010年10月31日 (日曜日)

かすみ草の苗を売る旅

■2010年10月31日(日)

 IFEXから帰郷した。

 昨日(10月30日)午前、宿泊先から幕張メッセ会場に向かう途中、オランダ王国のアールスメール(花の企業が集積している地域)に帰る2名のオランダ人男性と、偶然にすれ違い、英語で、あいさつと握手をした。エスメラルダ・ファームのレムコさん、ルイさんは、右手を使って飛行機に乗るというしぐさをした。来年の夏に奥会津の昭和村に行くからかすみ草の畑を見せてね、と語った。初日の28日にIFEX開業時に出展ブースにあいさつに行き、その日の午後1時に名古屋市のフクカエン種苗の担当者等を交え商談をした。フクカエンが日本の代理店。

  29日午後に来場した大田市場花き部仲卸の中央花きの中谷さん、和田さんをエスメラルダ社に紹介した。昭和花き研究会の多種かすみ草を毎日販売してきた彼らは実需者の声に最も近いところで仕事をしている。ファンタイムも昨年、店頭で販売している。

 →中央花き

 彼らはエクアドルを拠点としてコロンビア等に花の大農園を持ちそれを最終商品である花束にして北米大陸に届けている。また原料としての切り花を欧州市場にも販売している。

 2005年11月にアムステルダムの展示会でエスメラルダ社のブースでダブルタイム等を見る。

 2008年の8月21日にルイさんは昭和村に来ている。私は2009年9月にエクアドルのキト市のアグリフロール展示会で彼に再会し、また彼らの農場、かすみ草圃場と施設を調査・視察することもできた。

  →2005年11月アムステルダム

  →2007年

 →2008年8月21日 昭和村

 →2008年9月23日エクアドル

 ダブルタイムというかすみ草をヒットさせ、オーバータイムというかすみ草をいま欧州市場に投入している。原則として種苗を売ることをせず、自社生産のために自社育種している企業だが、2008年から当時のキリンアグリバイオ社を通じてファンタイムというかすみ草苗を当地昭和村に届けている。キリンは花事業を解体・撤退したため、今年からフクカエン種苗がエスメラルダ社のかすみ草を引き受け、日本国内への苗の供給を担当している。

 2011年の取り組みは、エスメラルダ社のファンタイム・ウルトラという中輪品種をも、昭和花き研究会は昭和村で栽培する。

 IFEXで聞いたエスメラルダ・ファームが見ているかすみ草世界とコントロールについてはたいへん理にかなったものだった。今年は韓国にも種苗を販売している様子がよくわかった。

Dsc05127

Img_9277

Img_9481  

20090923img_0269

エクアドル。手前の緑がかすみ草ダブルタイム圃場。

20090923img_0275

20090923img_0224

20090923img_0236

20090923img_0212

20090923img_0287

20090923img_0277

露地かすみ草圃場(エクアドル・エスメラルダファーム)

« 生きもの会議 | トップページ | ifex11:ユリの展開 »

かすみ草2010年」カテゴリの記事