September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« マイナーリーフ、リーフマイナー | トップページ | 1845年7月17日午前8時 会津・金山谷野尻郷下中津川村に爪白き熊 »

2010年10月23日 (土曜日)

気温3度、紅葉

■2010年10月23日(土)

 今朝5時30分の昭和村大岐の外気温は3度C。空には雲が無くなっている。

 →カンケヒロアキ・ツイッター

 今日は、午前10時から昭和村役場前出発で当村公民館主催の少年教室(小学生)・下中津川探検に案内役で参加。来村中の5名の他国籍者が参加される。絵地図作家氏も。そのための現地調査と資料作成を昨日・22日に行い、午後に公民館の鈴木さんに資料を渡した。

 昨夜(22日夜7~9時)は、村内大芦に10月1日に開店したファーマーズカフェ大芦家(おおあしや)で、月例演奏会。なかよしバンドの団員の一人として参加。1980年秋に結成し、11月3日の村民文化祭でデビューし、以後自作曲を自演している。30年になる今年、11月3日の午後にも村公民館(下中津川)で30分演奏する。

 花農家の喜多方市の千葉さんも来場され、リンドウと柿をいただいた。東京エビスから甚三郎さん、村内のなかよしバンドのファンの皆様が参集した。

 → 大芦家(佐藤孝雄)じねんとブログ

 → 大芦家ツイッター

 → 喜多方市 千葉さん(ちばっち農園)ツイッター

■2006年に次いで、ツキノワグマが日本の本州のブナ林帯(積雪地帯)の人里に出ている。冬眠のための採餌が目的。一方、ニホンジカやイノシシ、ニホンザルなどの食害も増えている。火や煙を使わない現代人(人臭)のチカラが弱まり、そのため山野には結界が無くなり、野生動物側が人里に押し寄せている。広葉樹の葉が落ちれば、動物は奥山に戻るのだが。

■トヨタ、宮城県で4ヘクタールの野菜パプリカ栽培工場。熊本県の全生産を抜く。外資ドール社も宮城県内でパプリカ生産。→10月20日の日経記事。

■日本農業新聞10月20日。論説はエコファーマー・環境の時代の先導役に。総合営農面・日本GAPに規範を、シンポで生産者協会たたき台提示。消費流通面・農水省切り花季節ごと日持ち公表、夏は30度、秋は23度としネット公表。

■日本農業新聞10月22日、消費流通面。東京青果・大田花き 共同販促 第1弾は全農山形。10月29日から3日間、百貨店の三越日本橋本店(東京都中央区)で山形産果実と切り花を組み合わせた贈答品、アレンジメントを提案する。

20101022dsc04489

↑博士峠天狗岩。会津美里町側のここだけブナ広葉樹群を残し、それ以外はスギ植林。

20101022dsc04494

↑昭和村柳沢峠(大岐側)から博士山山頂部。中段もスギ植林(柳津町域)。

20101022dsc04493

↑博士山西麓奈良布(楢布原)の県道柳津昭和線から、志津倉山(左方)、場良山(ばらやま)。バラヤマの右方はコナラ林(里山)のため緑。それ以外はブナの黄葉。

20101022dsc04529

20101022dsc04575

20101022dsc04580

20101022dsc04579

20101022dsc04578

20101022dsc04581

 

« マイナーリーフ、リーフマイナー | トップページ | 1845年7月17日午前8時 会津・金山谷野尻郷下中津川村に爪白き熊 »

花と農業」カテゴリの記事