September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« ていねいな暮らし | トップページ | 明日のMPS会津若松。 »

2010年11月25日 (木曜日)

藤沢舘

■昭和56年3月8日に発刊された『角川日本地名大辞典 7 福島県』(角川書店、1438頁)。

 1334-1335頁が、山都町。相川村にシロコ、ナカジマハヤシ、イモノクボ、マゴゾウヤシキ、トイシ、ゴンゲンダイラ、タテシタ(舘下・藤巻舘比定地)、コシマキ。

■平成元年九月刊『山都町史 第1巻 通史編』(福島県山都町)の484頁、表8 山都町の中世城館跡一覧表の2、藤沢舘:山都町相川字舘下、山頂、「藤沢の集落の西側の西から東へのびる尾根あたりは「舘下」という地名でよばれており、山城が築かれていたものと思われるが、未確認である。藤沢は一ノ戸川と五枚沢川の合流点にあり、一ノ戸川をさかのぼれば一ノ戸、五枚沢川をさかのぼれば与内畑・五枚沢を経て、いずれも米沢へ通じ、戦略上においても重要な地点であった」とある。

■昭和63年12月刊『福島県の中世城館跡』(福島県教育委員会・1988)は、425頁に、57-002藤沢舘 相川字舘下 山頂 山林・民有地 会津古塁記に真壁助次郎利通が住む、とある。

 296頁の75000分の1地図には一ノ戸川流域には57002藤沢舘、57001一ノ戸舘。五枚沢川に54002与内畑舘、54006村杉舘。

-----

■飯村均『中世奥羽のムラとマチ 考古学が描く列島史』(東京大学出版会・2009年刊)。194頁。山城と聖地。本来地域信仰の対象であった聖地・聖山を意図的に領域支配の拠点としたことがわかる(略)在地支配の拠点としての村落領主の居館型山城が視覚的にも聖地を尊重し同時に民衆が重ね合わせて目視できる場に作られていることがわかる。それは民衆掌握のひとつの拠り所(略)

 山城以前はどういう場で、山城としての機能を停止した後どういう場となったのかを問い直すとき、初めて山城のできる場が鮮明となった。そしてそこから、権力者がいかに聖地・民衆の精神世界・を取り込むことに腐心したかを読みとることができた。

 

■同じ会津地方でも会津藩域である喜多方市山都町。その一ノ戸川流域の集落には、奥会津地域では普通に見られるアタゴサマ(愛宕様)が無い。奥会津の中世世界は、集落の対岸の尾根に愛宕様を祀り、その聖なる場所の多くが、烽火台(のろし)である。奥会津中世世界の村には村の後背に鎮守(氏神)を置き、村落対岸にアタゴサマを置く。その愛宕様は尾根の突端であるが霧がかからない位置であるため山腹におかれる場合もある。隣村(集落)の愛宕様(狼煙台)と見通せる場所であり、夜・雨天時等はほら貝や版木を打ち音で通信できる距離にある。それは田畑にいる村人にも伝わる。

 奥会津(大沼郡・河沼郡・南会津郡)は、集落(かつてムラ・村)には必ずアタゴサマがある、という常識であった。しかし飯豊山南麓の一ノ戸川流域は中世の山城関連施設はあるが、それが聖なる場所として村落はカミを祀っていない。

« ていねいな暮らし | トップページ | 明日のMPS会津若松。 »

会津学」カテゴリの記事