September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 地域文化を背負う花を創造する | トップページ | 文化二年(1805) »

2010年11月24日 (水曜日)

旅に出る

■2010年11月24日(水)曇り。

 午前9時30分、福島県喜多方市山都町早稲谷(わせたに)の「ひぐらし農園」を訪ねる。5名の方々と歩く・見る・聞くのフィールド・ワークを行う。

 ちょうど一年前に会津学読者会を開催している(→2009年11月29日)。11月21日の三島町西方西隆寺での会津学六号出版の集会に山都町から浅野・太田青年二名が参加してくれ、浅見さんと連絡し、24日の今日に村を歩くフィールド・ワークを行う。12月7日に参加可能者で日中にフィールド・ワークをまた行い、夜に会津学読者会を山都町内で開催するような日程で調整をすることになった。

   →福島県喜多方市山都町早稲谷ひぐらし農園(浅見さん)

 →浅見さんひぐらし農園ツイッター

 → 本木上堰の活動

 早稲谷集落を歩く。

 昼は山都町の「茶房 千」で、うむどん・昼食。

 午後は、相川地区を歩く。舘下の中世:藤沢舘比定地の里山を歩き、そこで高橋氏に偶然会い、暗くなってから訪問することとし藤沢・相川・権現平、熊野宮・満蔵寺。

 白子(しろこ)の高橋氏に、かつて藤沢の薬師講、練熊胆について90分ほど、聞いた。

 ひぐらし農園の浅見さん、山都町の板橋さん、浅野さん、太田さん、お疲れ様でした。

 相川の食工房もあいさつに訪問しました。→飯豊の空の下から

 →茶房・千

■相川地区では、安政五年(1858年)に65戸あり、その多くが売薬業に従事していた。飯豊山系のめぐみ(獣・薬草)をもとに製薬した薬を江戸・上方に商っていた(B2B)。100年前、明治時代に新潟から鉄道が出来ると、山都駅から顧客宛薬を送り、12月にその代金の集金に日本海側を関西地区まで出かけている(京都・神戸・大阪等)。12月のトシヤ(歳末)に顧客先に集金に出ることを「旅に出る」という。

 奥州會津高橋氏
 上:正直請合 熊胆

 の、版木(擦った紙を顧客店頭に貼る)を見せていただいた。(版木裏には文化二年1805の関連記名あり)

 高橋氏の家では、薬事法ができてから民間売薬製造ができなくなり家業であった製薬・販売を止め、萱葺き職人として福島県の東部海岸・浜通りの相馬中村を定宿として屋根葺きをした、という。

 白子の高橋氏の家では中島林(なかじまはやし)に隣接した「イモノクボ」にカヤバがあり、そこからカヤ(ススキ)を採集した。アサガラ(麻殻)を下地ののきつけにし、オギ、ヨシ、カヤで葺いた。

 その後、葉タバコの栽培、アスパラガスの栽培を行っている。

 相川の中島林には、飯豊山参拝者で行き倒れで亡くなった人を埋めた塚があり、そこに「飯豊山」石碑が建つ。その塚はふたつある。

■ → 二本松市の楽山舎通信

 → 菅家ツイッター

 → ひぐらし農園(地域の調べ方)

20101124dsc06549

20101124dsc06552

20101124dsc06557

↑こいとこえ峠(越戸越)

20101124dsc06563

20101124dsc06592

20101124dsc06593

20101124dsc06580

20101124dsc06583

20101124dsc06576

↑クカソンせき(九ヶ村堰)

20101124dsc06569

↑中島林 山頂。コナラの伐採中(二名)、搬出一名。

20101124dsc06613

« 地域文化を背負う花を創造する | トップページ | 文化二年(1805) »

会津学」カテゴリの記事