September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 会津農書とユーラシア農耕史 | トップページ | 会津地方の農業ハウス等の被害 »

2010年12月28日 (火曜日)

情報を非公開とする取引の潮流はじまる

■オランダのフローラホランドは取引情報を非公開にする。 第1報はオランダ在住ののり子さんのツイッター記事であった。 → 小川孔輔教授の分析

■年末の白菊の暴落。国内主要産地が品薄高値予想から予約相対を組まず「場なり」の対応にしたため、予約相対が海外産に向かって、しかし国内産が暖かさで出て国内産を買う人がいない。韓国の菊が目立つようになっており韓国はアメリカとの2国内の協定等で農業への支援が日本への輸出になっている。
 つまり韓国とアメリカの貿易協定は、韓国産の農産物(今回は白い菊)を隣国日本に輸出するために韓国政府が手厚い保護策(ハウス施設建設費8割補助、ランニングコストは地域農協負担、輸出輸送費にも政府の補助)。これは日本がアメリカ等とTPPでは実際は中国へ農産物輸出となる構図と似ている。
 現在の自由貿易協定は、当事者たる2国間で製品・商品のやりとりではなく、一方的に押し付けられる国は、政府が補助金をつけて別な国に輸出するという、「ところてん方式の押し出し流通」を産む。循環や行き来ではなくなっている。

 12月の首都圏の花卸の白い菊は、4割が韓国産、という予想しない事態になっている。

 2010年10月の首都圏・幕張メッセでのIFEXでグローバルな種苗会社と通訳を入れて懇談したときに、「種苗会社の韓国詣で」、たとえばカスミソウ種苗世界でもエスメラルダ社は韓国に最新品種を売り込んでいる(かつて韓国から福岡等へのカスミソウが輸出されたことがある。2度韓国を調査したことがある)。
 韓国は日本向けにバラ・ユリ・スプレーマム等を栽培輸出した経過がある。しかし輸送費政府助成の打ち切り等で、、、、結果としてパプリカ等に集約されたが、それが2010年から韓国・アメリカの農業・自由貿易問題から再度政府が輸出支援になっている。この場合の相手国は花の関税のない日本。
  12月はカーネーションも海外産が8割入荷となっている(首都圏・花の卸)。
 12月下旬の花の流通の表層世界は、大田花きの磯村社長が解説。情報が適正の沖縄(太陽の花)、課題を残した白菊の産地・愛知県。

■取引情報は本来非公開であるもので、卸の公平性という立場はかつてあったが、現在は卸は国家間を越えるようになると、これまでの当たり前が見直される時期に来ている。

Img_9302

« 会津農書とユーラシア農耕史 | トップページ | 会津地方の農業ハウス等の被害 »

花と農業」カテゴリの記事