September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 1975年 火星と金星 | トップページ | 2.5% »

2010年12月14日 (火曜日)

アキヅキ(秋使い)、コウバウマ(耕馬馬)、昭和23年電灯付く

■昭和ひとけた世代の父母に話を聞いた。

アキヅキ(秋使い)。すべての農作業が終わり、あとは冬(雪)囲いくらいになった状態の頃に、嫁ぎ先から女性が生まれ育った実家に帰ること。産まれた小さな子どもを連れて帰ることも多く、アキヅキは、実家で、いつまでも休んでいても良かった。「飽きるまで泊まってよかった」といい、嫁ぎ先の夫たちは「来っちゅうねえ」(いつになっても帰ってこない)とよく言った。大岐では、娘が嫁ぎ先から実家に戻るとアキヅキ振る舞いは「ダイコロシ汁」に決まっていたという。水とダイコンおろしを煮て味噌味に仕立てたもので、ときに凍み豆腐を細かく切って入れた、という。秋のダイコンの収穫があり、セツ(節)の食べ物であったようだ。稲刈りや五穀の取り入れが終わり、母屋や小屋などに敷いたワラで編んだムシロ(莚)をしまう(収納)ことから「ムッショバタキ」「ツボハタキ」と呼ぶ。これが秋の終いで冬が来る。嫁は「ムッショバタキ」が終わればアキヅキに行く。11月末から12月のことであった。

コウバウマ(耕馬馬。あるいは耕場馬か?)。小野川地区は滝谷川流域の上流にある。尾根を越えれば会津盆地である。滝谷川中流域の西山地区の東川流域に四ッ谷があり、そこの遅越渡(おそのこいど)に、コウバウマを仲立ちする人がいた。大成沢から漆峠、高森からはた峠から海老山峠から会津盆地に、あるいは遅越渡から九々明を経て挾間峠から会津盆地に出る道路が耕馬馬が通った道である。春耕の時期に馬を会津盆地の農家に貸し、馬耕としていくつかの農家で使われた馬は「耕馬馬はやせ細って来い来いしてむぞさかった(かわいそうだった)」という。馬を貸す賃料は米二俵くらいであったようだ。帰ってきた馬は小野川地区の水田を耕した。小野川からは現在の会津若松市高野地区に行っている。「コウヤさ馬は出した」と語っている父の話を昭和ひとけた世代の子どもたちは聞いている。

小野川(見沢・小野川本村・奈良布・大岐)に電灯がついたのは昭和23年。その年、アサを33貫目も取れ、それで電気工事の費用とし村ではじめてのラジオを買った。設置したのはオメイで、アラムッショ(荒莚)をしいて村中の子ども、人々が聞きにきたものだ、という。小野川はアサを多く栽培していた。特にキラ(綺羅・銀の光沢)が良かった。品質はキラがあるかどうかで決まる。小野川のアサは畑から引き抜いて生のまま熱湯でゆでてから天日で乾燥させる。その後またツケバの水で腐られ挽く。大岐はからむしが中心で、アサは多くないが、ゆでる方法は小野川と異なり、畑から引き抜き少し乾かしてから熱湯をかけてから天日(陽光)で乾かしたが、この方法では2軒(清次・彦蔵)しかやっていなくて、ほとんど自然乾燥させたようだ。からむし栽培の本場は大芦。 ↓写真は7月1日のゴンボッパ干し

■日本人のノーベル賞はクロスカップリング技術の開発であった。 餅に野生のゴンボッパ(ヤマゴボウ、オヤマホクチ)を入れる。つなぎだ。 ゴンボッパの収穫は6月。成長中のもの。 葉の裏が白く、起毛あり、これが有効。 ゴンボッパを乾燥して冬に搗く餅(もち)は、寒さで割れないのだ。 普通、モチは凍みてひびが入り割れる。それを利用した凍み餅は油で揚げるが、 冬山に入る猟師などは、それでは困る。 草餅とは、野の葉を入れる。 田植えが終わると、カマス(袋)を持って、ゴンボッパ採り(抜き?)に行く。

20100701dsc07960 20101213dsc08753

« 1975年 火星と金星 | トップページ | 2.5% »

会津学」カテゴリの記事