September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 皇紀2603年:昭和18年(1943)1月1日、奥会津:大岐の菅家福次20歳 | トップページ | 穀物をめぐる大きな矛盾 »

2011年1月 2日 (日曜日)

皇紀2603年:昭和18年(1943)1月2日、奥会津:大岐の菅家福次20歳

■ゆきこぎ(雪漕ぎ)、狩りの弾丸詰め

1943年1月2日(土)雪
 規定兄、午前七時半頃来て出発。琵琶首まで見送る。雪は沢山ある。七、八人でこぐ。琵琶首まで二、三軒立ち寄り御馳走になる。二時頃帰宅後夕食まで炬燵にて寝る。夜、狩りの弾丸つめる。広喜君、大寺より應召の為、今日帰宅、仙台入隊。何時も精神が先決。冷水摩擦にて体験。

 主人(兄の清次)副業ザル(編み)と書かれている。

■(解説)大岐から下流4kmの琵琶首村落まで、7、8人で交替しながら雪をこぎながら出征する人を送っていった光景が書かれている。あいさつしながら行くので数軒でごちそうになったことを書いている。道無き雪の上を、一人一人カンジキを足につけて歩くのだが、あらゆき(新雪)を漕ぐ「先頭の人」にいちばん負担がかかるので、交替しながら歩く。これを「先こぎ sakikogi」という。帰宅して身体も冷え、疲れたので、炬燵で眠る。朝七時半に出て午後二時に帰宅しているから、食事の時間を考えても往復六時間かかっている。4kmの夏道だと一時間、雪道は三倍の時間がかかる勘定だ。大寺とは磐梯町で、大岐出身の人はそこで招集され仙台に入隊するので帰宅した、という。昭和村からは会津若松市の連隊に入隊する。村から若い男が次々と戦地に送られ帰ってこない。正月は休みだが、2日目から家のなかで主人(長兄の清次)はマタタビでザル作りをしている。
 夜に、狩猟のための弾丸を薬莢に詰める作業をしている。これは火薬と散弾を詰め古新聞等でふたをする作業で、昭和四〇年代まで夜の作業で、幼少の私も父・清一(昭和七年生)の「タマツメ(弾丸つめ)」を毎夜見ていた。
 大岐ではいまでも「ユキミチ(雪道)とウチマメジル(打豆汁)はあとほどよい」という。雪道は先こぎの人が付けた足跡をなぞって歩けば体力消耗が少ない。そして汁椀に大豆を木槌で打って扁平にした「打ち豆」を入れた味噌汁は、汁を吸った最後に汁椀の底に打ち豆が沈んでる。いずれも「後に歩く」ことはラク(楽)である、という俚言。

↓父・清一が2010年に作ったカンジキ。福次は清一(seiichi 昭和七年生)の父親・清次(seizi 明治40年生)の弟にあたるので、叔父になる。この日記が書かれた頃十歳で二十歳の福次(fukuzi 大正12年生)を「ふくあんにゃ(福兄者)」と呼んでいた、という。

 →1943年1月1日

  → 2010年1月 大岐でのカンジキ作り(菅家清一)

20101230dsc09674

« 皇紀2603年:昭和18年(1943)1月1日、奥会津:大岐の菅家福次20歳 | トップページ | 穀物をめぐる大きな矛盾 »

菅家福次日記1943年」カテゴリの記事