September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 明治41年(1908)南会津郡案内誌 | トップページ | 皇紀2603年:昭和18年(1943)1月2日、奥会津:大岐の菅家福次20歳 »

2011年1月 1日 (土曜日)

皇紀2603年:昭和18年(1943)1月1日、奥会津:大岐の菅家福次20歳

皇紀2603年:昭和18年:癸未(キビ:みずのとひつじ)

 西暦1943年。福島県大沼郡昭和村大字小野川字大岐1723 菅家福次(大正12年生)、20歳。

 1月1日の日記。

1943年1月1日(金)晴れのち雪

 例年の旧正月制を撤廃し陽暦にて執行することになれり。年始は村人等鎮守神まいり。小野川分校に於いて在郷軍人主催にて規定兄、竹雄兄の壮行会「出席」。帰宅は夜。猛吹雪、斎藤清次氏の「タイマツ」をくれたので大助かり情状感激する。一郎兄宅で兎御馳走になる(冷水摩擦行)。

■(解説)奥会津の大岐は博士山西麓にあり、滝谷川左岸にある村落で標高730m。村の西高みに鎮守山の神様(大山祇神社)があり、年始会をそこで行った。この年から新暦(太陽暦)で行ったという。大岐の上流4kmの右岸、標高760mの小野川にある学校「小野川文教場(分校)」で在郷軍人会主催の壮行会があり菅家福次(kanke fukuzi 男・20歳)は出席。帰宅の夜は猛吹雪でタイマツを点けて大岐に雪道を歩いて戻る。一郎あんにゃ(kanke ichiro 兄者)宅でウサギ汁を御馳走になった。冷水摩擦を行っている。菅家福次は大正12年(1923)7月15日に東北南部の奥会津の昭和村大岐(ohmata おおまた)に七男として生まれたが、同年9月1日には関東大震災が発生している。大岐村落は小野川本村の端村(はむら)として、おなじ端村(木地屋)見沢とともに大字小野川(旧・小野川村)を構成している。喰丸峠を越えて喰丸、柳沢峠を越えて小中津川・下中津川など野尻川流域の昭和村中心域につながっている。滝谷川下流には下平(木地)・琵琶首・大成沢、、、とつながる。

左が1943年の日記(大阪市西区北堀江通四丁目の国民出版社発行、B6版「心の日記」)。1月1日から年末まで記述している。右「新農家日記」が1944年の日記(皇紀2604年)で4月10日まで記述している。4月11日に召集令の報があり、13日に臨時召集令状を受ける。17日夕に出征祝、18日大岐を出発、20日に会津若松市の陸軍入隊し、同年中国戦線に従軍。1945年1月15日に大岐の家では戦死公報を受け、中国湖南省冷水舗で12月3日に戦病死したことを知らされる。享年22歳。我が家に生まれ育ち、大岐の畑を耕し、その暮らした最後の日々を追う(2011年1月1日 菅家博昭)。

20110101dsc09742

20110101dsc09745

20110101dsc09750

« 明治41年(1908)南会津郡案内誌 | トップページ | 皇紀2603年:昭和18年(1943)1月2日、奥会津:大岐の菅家福次20歳 »

菅家福次日記1943年」カテゴリの記事