September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 菅家福次日記:1943年1月25日 道具トビの焼き締め | トップページ | 菅家福次日記:1943年1月26日 晴天兔狩り日 »

2011年1月25日 (火曜日)

ケニアのかすみ草ミラベラ

■2011年1月25日(火)ナイロビ

 今日は午前中2カ所、バラ生産農場を見て午後にクリザールのナイロビ事務所でケニアの花産業の説明を聞き、ナイロビの空港からアディスアベバ空港経由(トランジット)しタイのバンコクまで移動する。

■1月24日は、未明に小川孔輔先生と私が腹痛。午後は移動バスで4名が体調不良となった。

 同行している花の輸入商社の関係者はそれぞれ顧客農園に営業訪問のため別日程となっている。24日はバラ、カーネーション、かすみ草、アルストロメリアなど3農場を視察した。

 ケニアはイギリスの植民地であったので、自動車は日本と同じ右ハンドル、左側走行である。エチオピアには道路信号は無かったが、ケニアのナイロビ市内の中心域のみ少し信号がある。それ以外は交差点はロータリー方式。英国や欧州向けの野菜生産農場が多くナイバシャ湖付近にあり、プライベート飛行場を持ち、自社航空機で直接英国等に運搬している。

 ナイロビ市内は道路工事をしていることもあるが、たいへんな渋滞で2時間ほどもかかっている。

 

 

■1月24日は6時30分ころから降雨となり7時にバスで出発してからも午前中は雨。ナイロビ市内から北西部丘陵地に入るとコーヒー園が続き、その後、霧のかかる地域では紅茶生産圃場が続く。森林地帯を経てグレートリフトバレーの展望台で晴れ。2140m。自動車は下降し、火山帯、草原を抜けてナイバシャ湖に。片道100km。2時間。

 視察した農場では各種草花を含みブーケを制作し英国の量販店に納品している。使用しているかすみ草はミラベラ。ミヨシと提携しているアメリカのボール社のもので、エチオピアでも栽培され、一昨年に訪問したエクアドル、コロンビアでも栽培していた。特に、ブーケを製造している農園での生産が多くなっている。

 生産圃場は裾、妻部開放型のハウス。2条植え、点滴ドリップ灌水、電照設備は付いている。幅80cmで高さ50cmのベッドに定植されている。現在の開花採花したものは50~60cmの花束に入れられており、開花室は使用していないが、雨期には使用するという。

 ミラベラは花の開花直径が0.8ミリ。使用開花ステージは3段開花。純白。

 導入経過は、エチオピアの別な企業集団の花農園で聞いてきた「電照による花芽分化誘因」が不要なためだと推察された。つまり夜に使用する電気料をコストダウンできる。また昨年はイスラエル等のかすみ草農園では電照用に配線された電線が夜に盗まれる(鋼材を売る)ことが多くなっており、農園全体に塀を巡らし警備員を終日置いている農場を今回は視察しているので、電照不要で花芽分化できる性能が評価されていると思われた。またミラベラはエクアドルを視察した時に、マイナーリーフ(ハモグリバエの幼虫・絵描き虫)が入れない葉の剛直さを持っている。

 撮影デジタルスチル764枚、ビデオ54カット。

  

20110124keimg_2006

20110124keimg_2064

20110124keimg_2213

20110124keimg_2235

20110124keimg_2253

20110124keimg_2124

20110124keimg_2260

20110124keimg_2259

20110124keimg_2152

20110124keimg_2161

20110124keimg_2230

20110124keimg_2355

20110124keimg_2315

20110124keimg_2368

20110124keimg_2524

20110124keimg_2506

« 菅家福次日記:1943年1月25日 道具トビの焼き締め | トップページ | 菅家福次日記:1943年1月26日 晴天兔狩り日 »

2011年JFMAアフリカ花産業視察」カテゴリの記事