September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 大雪の始末 | トップページ | 川を埋める雪 »

2011年1月19日 (水曜日)

菅家福次日記:1943年1月19日 ムササビ

■新田の尾根でバンドリ撃ち
1943年1月19日(火)晴れ、冷、風
 風の強い日である。一時頃炭を出す。夕方荷造ると約三俵あり、自分が焼。初めてから五俵となった。道がなくなって居るので一俵背負っては仲々ひどい。夜、一郎君と新田の峯より上ワナ沢の峯を一廻りして晩鳥射ち行く。新田の峯で一匹射ち、鹿射に来て姿一匹見る。発砲数一発。受信横須賀通信学校の栄松君より。

★(解説)初めて一人で行った炭を出す。炭を背負い雪道を運ぶ。夜にバンドリ(ムササビ)を撃ちに山中に入る。岩山の北嶺続きのシンデン(新田)のソネ(峯・尾根)、カミワンナザア(上ワナ沢)、シカブチ(鹿射)。一匹捕獲している。毛皮が軍隊の防寒用として高く売れた。シカブチとはクイナ(喰名山)の南尾根鞍部とワンナ沢の源流部にある尾根を掘り込んだ掘り割りで、古くはこの落とし穴でシカを獲ったという。捕獲成功すると烽火(のろし)を上げた、という話が伝わっている。中世城館跡とも思われる構造物である。

このときの炭焼きは赤く焼けた木材を窯から引きだし湿った灰を掛けて急速に冷やすことで堅く締める堅炭の「あかめ(赤目)」と呼ぶ白炭である。通常は「くろげし(黒消)」といい黒炭で製造法が異なる。補助焚きとは、クド(煙突)にフタをして焼くことを言う。窯内の木を暖める。

20110102dsc00033

↑大岐集落と後背山塊。左より岩山・ワンナ沢、シカブチ、右手のピークはクイナ(山)。2011年1月2日菅家博昭撮影。

20110113dsc00357

« 大雪の始末 | トップページ | 川を埋める雪 »

菅家福次日記1943年」カテゴリの記事