September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 菅家福次日記:1943年1月22日 トランプ | トップページ | フラワーウオッチによる品質管理 »

2011年1月22日 (土曜日)

エチオピア2日目へ

■2011年1月22日

 エチオピア現地時間2011年1月22日、午前2時(JST0800)。写真の整理をした。視察初日の21日の写真撮影は808枚、ビデオ33カット。現地2日目は撮影モードを2Mから6MBに上げて撮影することにする。バッテリーが初日は装着分のみで持ったが空になり充電中。予備バッテリーは各カメラ2個。カメラは通常の2台、デジタルスチルカメラ4台、ビデオ1台と携帯電話のカメラとアンドロイドの計9台。

■2011年1月21日 エチオピア バラ生産農場1

20110121etg12bimg_0548

20110121etg12img_0567

20110121etg12img_0774

20110121etg12img_0757

20110121etg12img_0642

20110121etg12img_0669

20110121etg12img_0715

20110121etg12img_0732

20110121etg12img_0746

20110121etg12img_0668

20110121etg12img_0592

20110121etg12img_0825

20110121etg12img_0794

20110121etg12img_0677

20110121etg12img_0664

20110121etg12img_0601

20110121etg12img_0690

20110121etg12img_0716

エクアドル系であるエチオピアでの視察農場1は、エクアドルと同じように地域にある樹木により施設を建てる。2009年に視察したエクアドルでは製材した角材をハウス部材に使用していたが、エチオピアではユーカリの丸太材。いわゆる細木で、5階建て建設の足場にもよく使用されており、道ばたにも販売先が多い。樹皮ははがして販売している。バラ温室では30cm立方体の基礎ブロックの上に細木を立てるが、外周部材は地上高150cmまではコールタールを塗布して腐蝕しないようにしている。トラスの組み方はエクアドル温室と同じ技法である。

  ハウス外にはラベンダー(ハーブ類)植栽で昆虫のハウス内飛び込みを忌避(予防)している。微小昆虫類予防にはニンニク抽出液を散布。後述するインド系の農園は、ダニ類予防には株もとのスプリンクラーによる加湿による耕種的防除法を使っている。昭和花き研究会のカスミソウのダニ予防と同じだ。

20110121etg12img_1025

20110121etg12img_0935

20110121etg12img_1017

20110121etdsc00862

足場は1階を作り足場をはずし2階を作る足場を2階に組む、という方法であがっていく。香港のビル建設火災の足場は竹製であったが、エチオピアはユーカリの細丸太(細木)。

20110121etdsc00753

■視察した農場2、3、4はインド系資本による。温室はスペイン製鉄骨。2と3は標高2550m。2003年からエチオピア政府による外資投資が認められるようになり農業施設が建てられるようになっている。エチオピアの花は数年で900ha。アフリカではケニアを中心としてオランダ、イスラエル系資本により建設されたがインド、エクアドルも参入している。中国系は野菜やハーブ類。

 農場2、3視察後、草屋根の東屋で、炭火でわかしたコーヒーをごちそうになった。炭があるので注意してみると4農場の作業場(パック)には四方炭の壁(脱臭・吸湿)による倉庫が設置してあった。スーパーマーケットでも炭をおこす金属製のコンロが売っていた。

 温室でバラを切り水を張ったバケツにすぐつけ、搬出するが、それはバラ用の皮手袋を左肩に置き、その上にバケツを載せ肩でパッキングする作業場まで運んでいる。

20110121etg12img_0837

20110121etg12img_0918

20110121etg12img_0919

20110121etg12img_0931

20110121etg12img_0930

20110121etdsc00872

20110121etimg_1086

20110121jfmadsc00808

20110121etg12img_1048

20110121etg12img_0673

« 菅家福次日記:1943年1月22日 トランプ | トップページ | フラワーウオッチによる品質管理 »

2011年JFMAアフリカ花産業視察」カテゴリの記事