September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« ケニア ナイロビ到着 | トップページ | エチオピアのセメント工場は中国社 »

2011年1月24日 (月曜日)

エチオピアの電柱

今朝(1月24日)は3時起床。腹痛で目が覚めた。投薬。

■昨日早朝(2011年1月23日午前)、エチオピア市内は停電になった。30分くらいで復旧した。奥会津(日本国内)は2010年12月25日~27日、大雪で電柱20本、杉1000本等が折れ電線が切れたりして停電となった。

 

■エチオピア国内の電線は3日間、市街部を観察して見ると三相交流240ボルトと思われユーカリ樹木細木製が多い。中心市街の一部と新規建設住宅街はコンクリート製電柱がわずかにみられた。

 変圧トランスはとても少ない。廃棄したトランスはアディスアベバの北部の路肩に数百個騰貴してあった。阪神大震災でも問題になったのだが、トランスにPCBが絶縁剤として入っている。

 日本では戦後復興時、成長の早いカラマツ材が電柱に使用され、そのため昭和30年代には長野県産苗木を相当山塊に植林している。奥会津では、カノ(焼畑)跡地、半自然草地の茅場を分割登記してカラマツを植えた。成長したころにはコンクリート製電柱しか使用しなくなりカラマツ材は売れなくなった。

■インターネットでエチオピアの電力、で検索してみると水力発電所により造電。独立系地域ディーゼル発電機を利用し、13%程度(統計年次10年前)の普及率。

20110121etg12img_1034

↑変圧トランス。うなり声を上げている。支えるのはユーカリ材電柱。

↓ユーカリの表皮を剥いだ白い地肌はきれいなものだ。

20110122etdsc01313

↑電柱には金属製アームに陶器製の碍子(がいし)絶縁体が付き電線を結ぶ。碍子は会津本郷(焼き物)などで大量に製造されかつては輸出されていた。私が卒業した会津工業高校には電気、電子の科のほかに窯業科(ようぎょうか)があり、窯業科は電線を支える碍子やトランス絶縁体(陶土製)を作る設計基準を研究している。のちにセラミック科になる。電子集積回路ICの半導体は希土類、いわゆるレアアースで作られる。「鉱石ラジオ」が原型。

20110122etdsc01273_2

↑左側はコンクリート製電柱。支線で支えず、添え木で支える。中央右は木製電柱。右のワイヤーは電線。

20110121etg12img_1027

↑コンクリート製電柱(左)は幹線、ユーカリ製電柱(右)は支線。木製は電話線も。発電所からの送電鉄塔は移動した地域では見られない。

20110121etg12img_1014

20110122etimg_0547

20110122etimg_1312

↑すべてユーカリ製電柱が2並列。左は基本形で3本の電線を架線。右中央はそれを上下2段の送電とするため6本架線。この2列で3系統の電気を送電している。アディスアベバ北部50kmの草原。碍子は黒い。

↓アディスアベバ市街南部45km。会津本郷でも丘を崩して陶土を採取しているが、この左側丘陵の切り崩しは農業利用火山灰土。暗赤褐色の多孔質で粉砕してそのまま植栽用床土として利用されている。つまりこの培土の地域で外国資本による施設農業が行われている。この地域は2004年ころからバラ、かすみ草、サマーフラワーなどが栽培。右後方にはハウス群が見える。道路にもその暗赤褐色の砕石が敷設されている。ほこりが出て、路肩の植物も赤くなる。

 この地域とアディスアベバ市内の道路東側にはかなりの長距離にわたり園芸店(鉢物、緑化植物、培土類販売)の小売り・問屋街が見られた。バスから見て気づいたのは数人しかいない。

 熊本県天草地域では、砕石屑をかすみ草栽培に使用している。

 農業は地域の土や岩の科学にほかならない。

20110122etimg_1571

20110122etimg_1720

↑暗赤褐色多孔質破砕岩石を基盤土壌の上に客土して耕土としている。南会津町田部の湯田浩仁君が水無川右岸の河川敷でトルコギキョウを栽培しているが、彼も基本土層の上部に深さ1mほどの客土をして圃場形成している。

20110122etimg_1597

20110122etimg_1603

20110122etimg_1669

« ケニア ナイロビ到着 | トップページ | エチオピアのセメント工場は中国社 »

2011年JFMAアフリカ花産業視察」カテゴリの記事