September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 皇紀2603年:昭和18年(1943)1月2日、奥会津:大岐の菅家福次20歳 | トップページ | パノラマ試験 »

2011年1月 2日 (日曜日)

穀物をめぐる大きな矛盾

■2011年1月2日(日)小雪・曇り

 昨日は、当家に残る2冊の菅家福次日記(1943年1月から翌年)を便利商店でA4で141枚複写した。それを今年は当家の当時20歳の青年が大岐ohmataで暮らしながら記述した68年前の1日を、同じ日に解読・解説していく。6月に徴兵検査、1944年に4月20日出征、12月に中国湖南省冷水舗で戦病死している。

■2010年2月に福島県出身の佐久間智子さんの著作『穀物をめぐる大きな矛盾』(筑波書房ブックレット43)が発刊された。では、どうすればよいのか、、、、巻末に近い71ページから要旨を紹介する。

 「豊かさ」のモノサシを変えるということは、健康にも環境にも良い食品を選び、その食品の生産コストに見合う対価を支払うことの価値に気付くといことでないかと思います。たとえば、地域で旬に採れた食材は、自らの身体と同じ気候・季節の下で育ち、その特定の気候・季節に適応するのに必要な微量栄養素を含有していると言われています。(略)

 米国のある研究では、玄米は全粒粉などの「ホール・フード(全体食)」には、未だに解明できない「フード・シナジー(食の相乗効果)」があり、ホール・フードに含まれていることが分かっている成分をすべて摂取したとしても、ホール・フードそのものを摂取した場合と同じ効果は得られないと結論づけています。(略)

 いちばんいいのは、機械や化学肥料になるべく頼らず、露地で栽培された地元の食材を、できるだけ生産者から直接購入し、自ら調理して食べること。その食材をその日中に消費するか、乾燥・塩蔵・発酵など、なるべく冷凍・冷蔵庫に頼らずに保存して消費すること。食材を無駄にせず、同時に食肉や油脂が少ない食生活をおくること。なるべく「ホール・フード」を食べるようにすること。そうしたことがある程度実現できれば、現代の農業や食料消費にともなって発生しているさまざまな環境問題や健康の問題は解決されるのです。

20101230dsc09695

20101230dsc09697

20101230dsc09520

20101230dsc09625

20101230dsc09622  

 

« 皇紀2603年:昭和18年(1943)1月2日、奥会津:大岐の菅家福次20歳 | トップページ | パノラマ試験 »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事