September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 雪害対応 | トップページ | 菅家福次日記:1943年2月25日 橇挽き(そりひき) »

2011年2月25日 (金曜日)

2011年のかすみ草栽培計画

■2011年2月25日(金)

 本日は宮城県仙台市へ。

   野尻中向の花の集出荷施設(雪室)の雪入れ作業は2月25日より→敬君

20110226gdsc00400

■2011年の昭和花き研究会のかすみ草の栽培品種集計(新苗)がまとまった。なお7月開花の越冬株については5月の集計(雪消え後圃場調査)で確定する。約20万株新苗を導入するが、前年比で1割減となっている。2010年の早生種中心の品種選定により高温夏ですべて前進開花し一定量の納品ができなかった反省から、気候変動に対応できるように主力品種を早晩性により3種(早生・中生・晩生)を選択して、集約した。

 中生種ベールスター(構成比26%)

 晩生種フォレスト(構成比23%)※10月ロゼット有

 早生種アルタイル・マリーベール・ホワイトベール

■取引先卸に順次訪問し詳細を配布します。

Photo_3

■送り手は消費者のことを第一に考えるべきなのに、ともすると「良いものを作ること」「競合に負けないもの」を優先させがちだ。だからこそ「店はお客様のためにある」にはあらゆるブランドが立ち返ってみる視点が含まれている、、、川島容子『ブランドのデザイン』(文春文庫、2009)。

 コロンビア、ケニアなどの花の農園を視察してわかることは、自社農園の花束製造のために、カスミソウやソリダゴを自社農園で新たに栽培することが増えているということ。その際の品種も、市場調達品種ではない。卸の統計には出てこない品種がほとんどであり、情報の持つ意味が変わってきている。

  花束用自家栽培品種(たとえばカスミソウ)はジェネリック医薬品に似た機能であるが、実は、電照不要、マイナーリーフ対応など、低コスト・耐病性・対虫性に優れている品種で、現実的な品種群で、土地環境に合った品種が育種されている。Ball Plants (Mirabella Gyp), ボール社のミラベラがそれである。電照不要で花芽分化する・マイナーリーフ(ハモグリバエ等に強い葉)。育種の品質(花の美しさだけから、環境対応型へ)が変化している。そのためPolar bear ホッキョクグマ(CO2温暖化防止)をイメージに使用。中南米とアフリカで躍進。

Mirabella

■山脇直司『公共哲学とは何か?』(ちくま新書、2004年)。地域の農業生産部会は中間集団。どのように「私益」だけを追求せず「人々を担い手」とするのかが課題となっている。市場の論理にすべてを委ねない、、、「人間形成という大きな目的」という道元の道を思い出す(角田泰隆『禅のすすめ 道元のことば』(NHK出版)

先日到着した『季刊 東北学 第26号』(柏書房、2011年2月)の特集は「縄文の河川景観」。岡村道雄・安斎正人の対談。東北北部の円筒土器文化の構造変動など(前期末)が各地の研究者により述べられている。

« 雪害対応 | トップページ | 菅家福次日記:1943年2月25日 橇挽き(そりひき) »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事