September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 山口県の原発建設工事 | トップページ | 経済を中心にしない生き方 『百姓学宣言』 宇根豊(農文協)  »

2011年3月15日 (火曜日)

奥会津 昭和村 72人

■2011年3月15日(火)

 本日は確定申告最終日。

 南会津町の大西琢也さんのブログによると、奥会津・昭和村に72人の被災者受入が福島県から要請されていることがわかりました。3月11日午後2時46分に発生した東日本大震災による一連のものです。

 → 大西琢也さん

 → 昭和村では被災地向け炊きだしをしています。

 → 時田さんツイッター記事

 → 尾崎さんツイッター記事

■ 菅家博昭 → ツイッター(古い記事は、3日たてば削除しています)

 →NHKニュースの原発事故報道まとめ(毎回更新)

■3月15日未明から福島原発から放出されている放射性物質を含んだ空気塊は北風により、原発立地より南方の茨城県から南関東方面に拡散している。関東各地(茨城県内、神奈川県内)の放射性観測地点の測定値が上昇している。13日は西からの風で太平洋上に放射性物質は飛散している。→ 花粉症の花粉のような移動

 → 風下への移動(読売新聞3月15日ウェブ 早野さん)

 信頼できる。徹夜で対応している。放射性物質の飛散→早野龍五さんのツイッター

■今朝、菅首相は東京電力本社を訪ね、同社内に政府と東京電力の統合対策本部を設置した。

■関東地方・首都圏に原発からの放射性物質を含む空気塊(霧)が及ぶ事態になってようやく原発事故対策が一元化される。

■物資(食料・水・燃料)が無い被災地への人的支援ではなく、被災していない地域では被災民を受け入れる活動を、という主張が多くなっている。物資が不足し避難所での食料供給等が間に合わない(1日に一人あたりおにぎり1個、、、)現状では、被災地の負担を減らすため被災していない地域で被災者を受け入れる。被災地での現状での人的支援は自衛隊が担当し、落ち着いてから一般人ボランティアをという論調。

 大きな被害ではなかった地域(会津等)でさえ、物資(食料・水・燃料)が無くなっています。それは首都圏でさえ食料不足になる状況です。

■放射性物質を含む空気塊、、、、霧が漂うような、、、、過日、首都東京で観た『森聞き(もりきき)』は、多くの高校生が「霧に包まれた現代社会は視界が見えない」と語っている。

20110313dsc04540

昭和村喰丸・両原の間にある舘腰山

« 山口県の原発建設工事 | トップページ | 経済を中心にしない生き方 『百姓学宣言』 宇根豊(農文協)  »

地域の様子」カテゴリの記事