September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 被災地向け、炊きだし当番(奥会津・昭和村) | トップページ | 日本の焼畑(やきはた) »

2011年3月18日 (金曜日)

携帯電話で読める公開された機能(ツイッター)

■仮に登録せずとも、記事だけは読めるのがツイッター。

ツイートというのが書かれた記事(140文字以内) → 会津若松市

 これは自治体からの防災無線で読み上げ報知した内容を圧縮して要点だけを掲載すると、防災無線を聴けなかった人々が後から読める。不要になった記事は数日後、削除すればよい。

■わたくしのツイート(記事)→ hカンケ

■花の団体であるJFMA。私も関わっているが、JFMA会長の小川孔輔・法政大教授(マーケティング論)の今朝の記事を読んで、先生にメールを送った。

  → 最初に読んだ記事(3月18日朝)

 それを受けてメールで私の感想を小川先生に送った。

 → その後の記事(3月18日午後)

■ → 小川孔輔教授のウェブサイト

------------------

昨日午後に昭和村大岐から会津若松市内に移動しています。昨日午後と今日、徒歩で会津若松市内の便利商店・スーパーマーケットを見てみました。

■会津若松市内は千石町のファミリーマートは開いていますが、ほかは完全閉店が多いようです。711は開いていますが品物は少なくなっています。

■閉店していたガソリンスタンドは会津各地で3月18日午前から販売を開始したところがあり、午前中で完売しています。並んでも給油できないような状態です。灯油はありません。これを何回か、何日か繰り返して給油状態の安定につながるのでしょう。10リットルのガソリン缶(鉄製)を持って行ってもそれは認められないところが多く、車両のみ10リットル、あるいは制限量の給油量になっているようです。

■スーパーマーケットは会津地域に関して言えば、野菜・肉・冷凍食品は大量に陳列され買う人もいません。一時無くなった米は並んでいます。マスク、電池、パン類、カップ麺、水(お茶類ペットボトルは便利商店でも残っている)。特に店内ベーカリーは一人一個と制限を設けているところが多いようです。

■会津若松市内は毎週2回の生ゴミ・燃えるゴミ回収を車両燃料不足から週一回に。

■会津若松市内の現況は以下のツイッターで

 会津大学卒業生らが運営 → 会津TV

 福島県全体のリスナー情報 → RFCラジオ福島ツイッター 携帯で

 福島県内放射能値・県内自治体・緊急・病院等 → RFCラジオ福島ウェブサイト PC、携帯 災害後、わかりやすく編制され福島県内のポータルサイトになっています。

---------

 私たちの世代は、高校時代の放課後のクラブ活動、アマチュア無線(ハム)で、雑音のなかから特定の相手の声を聴く訓練をされられました。ラジオが山間地は聞こえにくい、夜になるとフェーディングで音量が大きくなったり小さくなったり波打つ、、、しかしある特定の声を聴くことを努力すると聞こえるように(話している内容が理解できる)なります。クリアなFMラジオに慣れた世代ではAMラジオの雑音のなかから情報をつかみ出すことは難しいのですが、でも聴こうとすると聞こえてきます。

 RFCラジオ福島、NHK福島のラジオ、、、、24時間放送(ラジオチャリティミュージックソン)などはこうした震災時に対応するためのアナウンサー・スタッフの訓練であったと思います。各地の中継をスイッチする技術。

 ラジオは視聴者の側にたった情報を放送しています。そして中央や専門家の情報も、インタビュー録音して、そのまま聴かせてくれます。ラジオの意味が、問われている時代でしたが、311以後はその意味が再確認されると思います。苦しいラジオ局の経営のなかで災害時にスポンサー枠を超えて(CMを一切流さずに)、購買情報・店舗情報が流れるのは唯一現在のラジオではないでしょうか?ラジオが市民(地域のみんな)に愛される時代というのは、時代が豊かな時代だと思います。それは311以後、復権しています。トランジスタラジオradioが社会の中心に置かれる時代がいま来ました(奥会津・昭和村大岐 農業 菅家博昭)。

20110318dsc04730

20110318dsc04727

20110317dsc04630

« 被災地向け、炊きだし当番(奥会津・昭和村) | トップページ | 日本の焼畑(やきはた) »

地域の様子」カテゴリの記事