September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 小さな村の 小さな取り組み | トップページ | 春の、彼岸入り »

2011年3月17日 (木曜日)

灯油、軽油、ガソリン 無くなる

■2011年3月17日(木)吹雪

 奥会津・昭和村大岐では昨日からの新雪が30cm積もった。消えつつあった雪は、積雪深150cmに逆戻りした。気温も零下である。

 昨日、会津若松~会津坂下~柳津町~昭和村の国道49号・252号・県道、、、で営業しているガソリンスタンドは1店(柳津町JA)であったが長蛇の車列で最終尾には「終了」の文字を持った人が立っていた。今日はそこも品切れ休業している。

 昭和村の除雪作業も今朝の除雪で除雪車燃料は無くなるような状況であると聞いた。燃料の入荷予定は無い。

■かすみ草の圃場の除雪も除雪機(エンジン)なので、できなくなっており、無加温促成栽培のかすみ草・春植えの苗はキャンセルする農家が多くなっている。もっとも地震後、宅配便や郵便も来ないので、受け取ることもないのだが、、、、

■3.11の大震災直後から、太平洋側福島県の浜通り向け被災地への炊きだし(おにぎりを作る)を行っている昭和村は、村内中心部小中津川地区の「すみれ荘」(村診療所や福祉課がある)にて朝4時から7時まで70人の村民ボランティアで行っていたが、ガソリンが無くなり、村内ガソリンスタンドも15日で休業となったため、村内各集落から中心部に自動車移動が困難となったので、大字集落ごとに分散・輪番で炊きだしをすることに変更した。明日(18日)は朝7時30分から喰丸地区等で炊きだしが行われる。

昭和村ウェブサイトより転載

20110314takidashi

■奥会津・昭和村は放射性物質の測定器は無いものの、会津若松や田島(南会津町)のデータを見ると0.4~01マイクロシーベルト/時間と自然状態にちかい数字で安心して皆暮らしている(福島市と飯舘村が少し高い値になっているが健康被害は懸念不要の安全な値)。昭和村は原発立地の太平洋側からはいちばん遠い日本海側の新潟県境付近にあるためだ。

20110317_2 

■情報過多となっており、現在、私はNHKテレビ・NHKラジオ・ラジオ福島だけを見ている。インターネットでは、ツイッターの以下の信頼できる情報だけを見ている。特にツイッターはRT(リ・ツイート)といって誰かが根拠もなく出典や原著者を明らかにせず転載したものを、ただコピーして出まわるものが多い。必ず原著(出典)にあたり、その組織なり個人の過去の主張業績を見てRTしたものだけを信用している。

 記者発表したものでも、それを確認して、自分でその記事が妥当かどうか判断している。かかれたものをそのまま信用していない。自分が考える判断のひとつとして情報を見ている。考えるために情報を見ている。

 フォローしている2者 → カンケツイッター

 具体的には、つぎの人です。

  → 早野龍五さん

  → 東大病院放射線医療チーム

   早野さんは数日前に6万人くらいのフォロワー(読者)がいましたが、今日は14万人です。東大チームもできたばかりですが、早野さんが呼びかけたので、同じ人(14万人)が読者になっています。

■ 3.11(地震発生日時)は大きな社会転換となることは明らかで、それまでの日本や世界と、それ以後の日本社会は明らかに異なることは明白で、その推移を見ながら、次の時代の構想を考慮している。ちょうど、今日で1週間が経った。

 昭和村は吹雪で、3月1日にポットに植えたかすみ草の苗は、なんとか灯油無し無暖房のなかで、ひっそりとしている。村を囲む1400mのブナ林、ミズナラ林、コナラ林の広葉樹の落ち葉を自分で集め3年かけて腐熟した腐葉土と、この地で栽培された水稲のもみ殻をクンタンにしたもの、この山の土を合わせた用土に根を張ろうとしている。

↓写真は今日撮影(2011年3月17日午前)昭和村大岐(ohmata)

20110317dsc04640

20110317dsc04681

20110317dsc04688

20110317dsc04648

↑カスミソウの苗(2.5寸黒丸ポリポットにプラグ苗を仮植)

↓ 2重被覆・無加温で 5度。

20110317dsc04654

20110317dsc04652

20110317dsc04627

20110317dsc04626

 

« 小さな村の 小さな取り組み | トップページ | 春の、彼岸入り »

地域の様子」カテゴリの記事