September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« とめる、ひやす、とじこめる | トップページ | 地球汚染へ »

2011年3月23日 (水曜日)

土湯峠(国道115)

■2011年3月23日(水)雪

 朝発で、福島市に行き、午後に帰った。軽トラック。大学生の子どものアパートの散乱した部屋の整理(震災後行っていない)。

 猪苗代町から国道115号、土湯峠は吹雪、圧雪。トンネルを越えて道の駅つちゆまでは圧雪。自衛隊演習場付近の道路が数カ所地震による道路が破損していた。

 帰路猪苗代町の白木城(一ノ野山西)の雪が溶けた水田でコハクチョウ群がいた。採餌と飛行。北に帰るのが近い。

■今朝未明から農産物の放射能汚染品目が広がった報道がなされた。注目しなければならないのはセシウム、半減期が30年。40km地点の土壌もセシウム汚染されている、という。セシウムが出て来れば広範囲に農業そのものがができなくなることは明らかである。半減期8日程度のヨウ素の比ではない汚染になってきている。

 そして午後になり、東京都の水道水からも放射性物質(ヨウ素)が1歳以下の許容摂取量以上検出され、23区と三鷹市など多摩地区の数市では幼児に与えないよう会見が行われた。東北、関東地方、首都圏に広範囲に東京電力の原子力発電所から放出された放射能が拡散していることが明らかになっている。

 福島第一原子力発電所3号機は昨年10月にプルトニウムを原料としたMOX燃料でプルサーマル発電。ほかの事故のウラン炉心と異なり、環境影響がいちばん懸念されている。しかし報道では一切そのことはふれられない。地元の人は皆知っている。前福島県知事がずっと危険性を主張し拒否し続けていたプルトニウムの燃料である。地元自治体の要請があり、昨年それが装填された経緯がある。

 → 2010年10月26日 東京電力プレスリリース

■放射能は見えない、というが、それを放出している発電所は40年間ものあいだ、地上にあり、目に見えている。発生元が見えているのだから、想像を豊かにすれば見える。見えているものを見えなくするのも「コトバ」(広報、プロバガンダ)の力だ。

20110323dsc05142

20110323dsc05143

20110323dsc05152

20110323dsc05157

« とめる、ひやす、とじこめる | トップページ | 地球汚染へ »

地域の様子」カテゴリの記事