September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 東京電力の原子力発電所事故が原因の農産物の被害 | トップページ | とめる、ひやす、とじこめる »

2011年3月21日 (月曜日)

イン マイ ライフ

■1965年、10月18日に英国ロンドンのアビイ・ロード・スタジオで録音され、12月3日にリリースされたビートルズの「イン・マイ・ライフ」。ジョンレノンがリヴァプールでの少年時代を想い作詞している。

■2005年9月30日に東芝EMIからジョンレノン・オフィシャル・トリビュート・アルバム『ハッピー・バースディ、ジョン』日本のミュージシャン14組がジョンの曲を歌っている。

 このCDの歌集に高野寛がイン・マイ・ライフを歌っていて、その歌詞の対訳は奥田祐士という人が行っている。

イン・マイ・ライフ

生涯 忘れられない場所が いくつかある

なかには変わってしまった場所もあれば

取り返しがつかなくなってしまった場所

なくなった場所、

昔の場所もあるけれど、、、

20110321dsc04962

■311東北大震災の被災者の報道で、家族も家も失った、三陸海岸の女性が語っていた。

 「海なんか、

 なければ

 よかったのに」

C0189218_7355468_1

■彼岸(写真↑) → 大芦家(奥会津:昭和村)の佐藤孝雄のブログより

■昭和村 → 下中津川の本名敬君

■会津盆地西部 会津坂下町のスガ君 →ガソリン難民

■3月20日の会津から発信されるツブヤキTWITTERを「ながめていると」、喜多方市北部(飯豊山)で地震が続いていて、それを報告している人に、直接電話があり、扇動するなと、、、会津地方で店舗経営されている方のツブヤキにも、その会社に電話があり、被災者のことを考えろ、、、と。今朝(21日)は喜多方市山都町で住宅火災があったが、それもツイートされた。

 ヤフー地震サイトで調べてみると、福島県喜多方市北部(飯豊山付近)を震源とする地震は、10時間おきに発生している。

 3月19日12:12 M2.9 深さ20km 震度1 震央:北緯37.8度 東経139.9度

 19日22:51 M2.8 震度2 深さ10km 震度2 震央:北緯37.7度 東経140.0

 20日07:33 M2.7 震度1 深さ10km 震度1 震央:北緯37.7度 東経139.9度

このような情報はかつて入手できなかったであろうが、さて書かれたツブヤキ(ツイート)をそのままにしておいてよいのか?ということを、このところずっと考えてきた。

 チャットとか、ネット上の対話の流れの仲で発っしられたコトバであっても、責任を持たねばならない。途中に、ある事象が書かれていて、そのことに苦情が来る、あるいは心象を悪くする、、、、

 さて、ツイッターをしている人はだれであろうか?読者は誰であろうか?ツイートしている人たちのみである。現在、被災地の情報を懸命にネット検索しているであろう人たちが多く存在し、311以前とは情況が異なっている。

 また避難者自身も携帯電話でツイートを閲覧している。これまでとまったく情況が異なる。

 閉鎖性のSNSは、検索エンジンからシェルターされているが、ツイッターは容易に検索にヒットする。

■以下、私の試論としてツイートしてみた。

ブログよりツイッターは『炎上』しにくい、と言われた。しかし鮮度の落ちたツイートをタイムラインに延々と保存される『仕組み』。そこに社会を崩壊させる落とし穴がある。よく考えてほしい。なぜ過去のつぶやきを保全し続けるのかを。会員制閉鎖サイトと異なり容易にツイッターは検索される。

 ツイッターは、個人的な電話がいつも録音されており、それが世界中に公開されており、容易に検索可能と考えればよい。書いたツイート記事は3日もあれば多数のロボット型検索エンジンに保存される。便利にも本人が入力してくれる。

 言葉は、ツイートには言霊が乗るから炎上せずとも人格そのものが公開される。タイムラインを読めばそれがよくわかる。漢字には特にそれが乗る。西洋で『開発された仕組み』を東洋的文化背景に生きる人間が『使用』する場合、熟慮が必要。

 原子力発電所事故から学ぶことは、自ら制御出来ないものを便利だからといって、その与えられた『仕組み』に個人生活が憑依されないこと。言い放つ、つぶやき(ツイート)は世界中のコンピューターサーバー、シリコン(半導体、つまり石碑)に記録保存される。 すすめたいのは、ツイッターを使用しても、過去のツイートは定期的に削除すること。『つぶやき、ツイートを垂れ流しし、地球を汚染』してよいのでしょうか?使用料金も負担せず、しかし特定私企業にあなたの人格という情報が蓄積されていく。

  相撲の八百長問題の疑惑解明に携帯電話提出を求められるように、シリコン、半導体という『石』への記録は『見えない』だけで保存されている。

« 東京電力の原子力発電所事故が原因の農産物の被害 | トップページ | とめる、ひやす、とじこめる »

エアチェック、音楽」カテゴリの記事