September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 携帯電話で読める公開された機能(ツイッター) | トップページ | 炊きだし(おにぎり)は続く »

2011年3月19日 (土曜日)

日本の焼畑(やきはた)

■佐藤洋一郎監修『ユーラシア農耕史』(隣川書店、2010年)に福島県立博物館の佐々木長生さんが「農書にみる農業の姿」(72~82ページ)を書いている。

 「たとえば畑の草の根が多くはびこってしまった畑に、あわててソバをまけば、その畑はなかなか取りきれるものではない。(略)焼畑も、からむし(苧麻)が多く生えすぎたとき畑を焼くのも火耕である」 近世江戸時代に会津の農民・佐瀬与次右衛門の『会津農書』が言っている(日本農書全集第19巻)。

  先日(大震災前)、首都東京の映画館で「森聞き」を見たあと、制作者の柴田昌平監督らと話しをすることがあった。国内4ヶ所の取材地のうち、宮崎県椎葉村の焼畑を続ける椎葉クニ子さん(大正13年)生まれ)という人をはじめて知った。帰宅後、聞き書きの著書がある、というので入手した。
  しかし、注文後、すぐにこの大震災となり何も届かない状態になっているなか、郵便で1冊の本が古書店から昨日届いた。『おばあさんの山里日記』(葦書房、1998年刊)がそれである。学生時代から椎葉村に通い聞いた話を佐々木章さん(1949年生まれ)がまとめている。佐々木章さんは宮崎大学大学院農学科修了、現在、大分短期大学助教授(著作の1998年時点)。水田イナ作のプラントオパール(細胞の化石)の研究、発掘調査現場での土壌分析や焼畑の調査をしている。農耕の起源とその発展に興味を持って折られる(奥付より)。

  柴田監督は「この撮影が行われた年は雨が多く、刈り払った草が全く燃えない年で、そのため斜面下部から火を付けることになったのです。周囲は杉林になっており林床の緑の草も多く、類焼も心配がなかった」と語られた。昨年(2010年)、春の山焼き(野焼き)の話しを奥会津で聞いて歩いた。
  尾根に残雪が残っている5月はじめころに行う、共有地の茅場(からむしの焼畑等に使用するコガヤ生産に必要な場所、集落から離れている山塊斜面)の山焼きは、斜面下部から火を付けることを知った。椎葉村の夏の「やぼ焼き(焼畑)」映像はそれに似ていた。そのことを柴田監督と話し合った。
  映画『森聞き』は、富山県の五箇荘の合掌造り屋根のコガヤ(カリヤス)のカヤカリ風景が出て来る。山の急斜面の茅場(かやば)での作業だ。焼き、そして夏にコガヤ以外の草を刈る作業が行われる。先の宮崎県椎葉村では栽培しているのは主にソバ。奥会津昭和村は繊維作物(からむし)。しかしそのからむしの焼畑のためにコガヤが必要である。それは山の斜面を焼く奥会津昭和村は繊維作物(からむし)。しかしそのからむしの焼畑のためにコガヤが必要である。それは山の斜面を焼く。昭和村のからむし栽培はふたつの焼畑が組み合わさっている。

 なお、椎葉村のやぼ焼きで栽培されている蕎麦は原種の小さなソバである。その種子を守るため仕事が継続されている。

20110318dsc04716

20110318dsc04715

20110318dsc04714

20110318dsc04711

« 携帯電話で読める公開された機能(ツイッター) | トップページ | 炊きだし(おにぎり)は続く »

会津学」カテゴリの記事