September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 輸送の稚拙さ | トップページ | 2011年7月からの出荷計画(予定) »

2011年4月 1日 (金曜日)

環境は将来の自分

■『週刊文春』4月7日号、131ページ、養老孟司。「稲から米ができて、その米を君は食う。米は君の体の一部になる。つまり、あの田んぼは将来の君を含んでいる。海だってそうだ。あの中にいる魚を君は食べるだろう」世界は自分だ、、、ってそういうことですか?仏教は「縁起」つまり一切のものは網の目のようにつながって成立しているという思想。自分も環境もないと。僕は予言しますが、21世紀の生物学でも、生物進化は網の目だ、という結論になると思います。いままでは木の枝が分かれるように系統樹を描いていた。でも細胞のレベルでは網の目。

■3月31日、朝日新聞:論壇時評の下欄、記者有論は編集委員の曽我豪さん。まだ目には見えない復興の姿を実感させる道は、想像力に基づいた物語であり、それをつづる言葉の力によってでしかもたらされない。語り部の登場を私たちは待つ。

■4月1日、朝日新聞オピニオン。インタビュー。小宮山宏さん。前・東大総長、東京電力社外監査役。「絶対に安全」の原子力発電所。「何重にも安全策をとっている」という専門家の話を信じてきたところがある。でも福島第一原発の事故を見て、非常用電源が二つあっても2重の安全策ではなかったことがわかりました。

■ 4月1日の日経MJ(5127号)の1面は、ヨークベニマル「生活守る」使命感が支え 東日本大震災 店長、自発的に開店 人の力結集 早期再開、、、、、、特集。東北・北関東の170店の半数が地震で閉鎖に追い込まれたが、4月1日までに160店が再開した。宮城県の物流拠点2ヶ所が壊滅状態

■4月1日読売新聞・くらし欄。華道会の震災支援。草月流は日本赤十字社に1000万円を寄付。小原流は大阪の花展で来場者から義援金を募る。池坊は17日に京都六角堂で追悼・復興の祈祷・献花し受付に被災者宛メッセージを募集し義援金を集める。

■福島県による県内農用地の土壌採取・調査がはじまりました。積雪地帯は雪融け後に行われます。→ 福島民報4月1日(2面)。「土壌調査始まる 県、6日に結果発表

« 輸送の稚拙さ | トップページ | 2011年7月からの出荷計画(予定) »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事