September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 自家製もみがらくんたん散布(融雪促進) | トップページ | サンサ グヤー アンサーサー »

2011年4月15日 (金曜日)

共貧共存の新しい時代へ

■2011年4月15日、福島民報3面。

 首相官邸で4月14日に行われた復興構想会議。赤坂憲雄氏は原発事故に関連した復旧・復興策を別の枠組みで検討する案に対し「福島が復興の舞台から除外される」と指摘。「復興の完了は、福島が放射能汚染からよみがえった時であると明確なメッセージを出してほしい」と求めた。

 東日本大震災を受けた14日の復興構想会議初会合で、原発問題を議題とするか否かをめぐり、委員が対立する場面があった。福島第一原発事故の被害復興に絞る政府方針に「文明論」の観点から扱うべきだとの異論が続出、結局、議論の対象とすることになった。議長の五百旗頭真防衛大学校長は冒頭「原発事故は危機管理的な状況にあり、任務から外すよう(菅直人首相から)指示されている」、と表明した。

 しかし、委員の赤坂憲雄福島県立博物館長は「文明的な問題として、原発の問題を抜きにしては前に進めない」と主張。さらに特別顧問で哲学者の梅原猛氏も「原発で生活が豊かになったが、その文明が裁かれている。この裁きに対してどう答えを出すか」と訴えた。

 五百旗頭氏は会議後の記者会見で「原発の技術的な問題を議論することはできないが、原発を含む複合災害として国民全体で考える姿勢が大事だ」と軌道修正した。

■4月15日、福島民友新聞1面。

 五百旗頭議長は会議の冒頭、原発事故問題は「なお危機管理的状況にある」と、会議のテーマから外す意向を表明。赤坂憲雄、玄侑宗久両氏とも「原子力関係の専門家が参加していない復興構想会議で原発問題自体の議論は難しい」との認識を示したが、玄侑氏は「原発災害は大震災の重要な一部。そこを除くわけにはいかない」、赤坂氏も「文明的な問題として今後の方向を考える時、原発問題を抜きに前に進めない。原発によって苦しんでいる福島県の人たちから(構想会議は)見捨てられ、背を向けられる」と警鐘を鳴らし、原発事故からの復興も同時に議論するよう提言した。会議後、玄侑氏は「(原発問題に)特化して別に話し合い、加える形にしないと、福島県民にとって構想会議が意味のないものになってしまう」と語った。

 初会合では、原子力災害への危機感に満ちた福島県と、「エコタウン」構想などの復興策を描こうとする政府との間にある温度差が表面化した。復興構想会議は収束の見通しが立たない原発事故については復旧・復興の議論から外す方針だったが、佐藤雄平福島県知事は地震、津波の被害に加え、原発事故、風評被害の影響に直面する本県の実情を訴えた。特に、工業製品にまで及ぶ風評被害への強い危機感も示した。原発事故の収束に向けた対応と同時に本県の復旧・復興策をどのように検討するのかが焦点となる見通し。

 会議後、佐藤雄平知事は「原子力災害は進行中。復旧・復興まで同時に考えることはつらい話しだが、原子力災害の被災地域として今後も意見を述べていく考えを首相らに伝えた」と話した。

■4月17日(日)15時より、奥会津・三島町西方の西隆寺において、「会津学研究会」(代表 菅家博昭)は定例会を開催します。どなたでも参加できます。テーマは「東日本大震災と原発震災」をどのように考えればよいか?を議論します。赤坂氏を奥会津から支援します。

 

■2011年4月13日、読売新聞・文化欄。

 池澤夏樹さん被災地を行く(意訳紹介)。

 「要所に賢者 日本は変わる。よき貧しさの構築が課題」

 大船渡の山浦医師は言う。昔から診てきた老人が無事な姿で来たから「おお、生きていたか!」と喜んだら、「でも、俺より立派な人がたくさん死んだ」と言って泣くのだそうだ。それでもこの間、「なんで自分がこんな目に遭わなくてはならないのか」という怨嗟の声は一度も耳にしなかった。

 地震と津波は多くを奪ったし、もろい原発がそれに輪をかけた。その結果、これまでの生活の方針、社会の原理、産業の目標がすべて変わった。多くの被災者と共に電気の足りない国で放射能に脅えながら暮らす。つまり、我々は貧しくなるのだ。よき貧しさを構築するのがこれからの課題になる。これまで我々はあまりに多くを作り、買い、飽きて捨ててきた。そうしないと経済は回らないと言われてきた。これからは別のモデルを探さなければならない。被災地を見て、要所要所に賢者はいると思った。若い人たちもよく働いている。十年後、この国はよい貧乏を実現しているかもしれない。

■1979年、播磨靖夫さんは『共貧共存の思想』(JYVA日本青年奉仕協会刊)のサブタイトルを「生きる思想の表現としてのボランティア論」とした。私たちは当時、奈良たんぽぽの家からはじまった「わたぼうしコンサート」を会津で受けて、当時の仲間がいまも継続している。

20110414gimg_4192

20110414gimg_4224

20110414dsc06328

20110415dsc06361

20110415dsc06360

« 自家製もみがらくんたん散布(融雪促進) | トップページ | サンサ グヤー アンサーサー »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事