September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 奥会津:博士峠 | トップページ | 海洋汚染へ »

2011年4月 5日 (火曜日)

多くの人が死んだ

■2011年4月5日(火)

 午前、金山普及所にて長谷川先生と、今後の花の作業の進め方の打合せ。

 6日(水)18時30分、会津MPS連絡会の例会は、会津若松市栄町の籠太(kagota)です。8名。震災後の対応について情報交換をします。

■日本政府は4月になり、気象庁命名の「311東北沖太平洋地震」を、「東日本大震災」と名づけた。報道機関により同名の表記や、「東北関東大震災」などが各紙命名していた。

 4月4日(月)は震災報道を続けた地元RFCラジオ福島も通常番組枠に戻っている。4月のRFC桜まつりは中止した。

 原発震災、F1〜3はメルトダウンした可能性が高いことが指摘されている。4月からの報道は炉心冷却の問題にはあまり触れず、汚染水の海洋投棄への問題にすり替わってきている。

 大震災は津波が大きな被害を東北地方太平洋沿岸部にもたらしたが、311から3週間経ち、新聞の内容も変化している。

■4月4日(月)の毎日新聞9面・メディア欄は、丸山博記者(カメラマン)が「直面した死、本質どう伝える〜がれきの中で自問続け」に次のように書いている。

 震災の本当の悲惨さは、街ががれきと化したことではなく、多くの人が死んだことにあるのだ。

■4月4日、日経社会面(11版)。「稲作農家、作付けできず 行政が作業延期要請 作れても売れぬ」。東京電力の原発事故による放射性物質飛散の影響で、JA新ふくしま(福島市)は、3月30日以降、職員50人が手分けして約4千軒の農家を訪問し作付け見合わせの念を押している。

■読売新聞4月4日文化欄:高村薫さん「巨大な喪失 超える歩みを」。巨大な喪失を経験した住民自身の眼で、未来に何が必要なのかを十分に見つめ直すことが先決になる。1万人を超えた死者たちが、生き残った私たちに生き方を見つめ直せ、新しい時代へ踏み出せと、呼びかけているように思う。

■4月4日、日経オピニオン 平田育夫さん。「風景が一変した日本経済 電力、成長、財政 改革出直し」。TPP(環太平洋経済連携協定)の検討を現政権が先送りしたことを批判している。被災地農家への説得などが政治的に難しいのは分かるが、政府内の検討や外国との折衝は続けるべきだ、としている。

■4月4日の毎日新聞は紙面見開きで2面を使い3月11日と12日の官邸と東京電力の対応を検証している。被災し圧力が高まる原子炉の放射性物質を含む蒸気を排出を拒む東京電力と、排出作業(ベント)を求める官邸。一民間企業が判断できない放射性物質の排出、、、、、結果として水蒸気爆発を起こして放射性物質は大気に飛散している。

■4月1日、福島県知事とともに郡山市内の量販店(YB横塚店)で県産農産物の安全プロモーションに西田さんも参加している。福島民報新聞は2日紙面の1面にその写真を掲載している。

■朝日新聞4月4日の社会面は福島県郡山市出身の西田敏行さんの「東京電力や原発を進めてきた政治家たちに怒りの声を張り上げたい」と、掲載している。

 同じ紙面に、江戸城の桔梗濠を泳ぎ石垣を登った人が逮捕されている。

 朝日新聞は4日からのアジア面で、「コメのゆくえ」の連載をはじめている。フィリピン:世界最大の輸入国、雑草覆う田 雨頼み

■311震災後には消費を継続することで震災を応援しようという米国の911の被災地市長が言ったことを援用する意見が多い。それは大きな誤りだと思う。

 消費(浪費)重視の社会が、原子力発電所を僻村に設置し、24時間稼働の発電性質から無駄な浪費:消費を喚起してきた社会そのものが変更を迫られている。

 消費拡大ではない社会を目指すことが求められている。都市でこれまでどおり浪費をすることが経済を復興することにはつながらない。

20110403dsc05589

20110403dsc05606

↑柳津町琵琶首の神社の石鳥居も被害。↓砂子原火口原の北西壁も崩壊

20110403dsc05608

20110403dsc05612

20110403dsc05613

20110403dsc05616

20110403dsc05617

20110403dsc05618

20110403dsc05622

20110403dsc05619

20110403dsc05620

 

« 奥会津:博士峠 | トップページ | 海洋汚染へ »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事