September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 奥会津・三島町川井の保冷花集荷所 | トップページ | 無加温促成栽培 かすみ草 7月上旬開花予定 »

2011年4月26日 (火曜日)

ぜい弱なサプライ・チェーンという寄せ木細工

■2011年4月26日(火)

   昨日(4月25日、朝)、大岐で今年はじめてウグイスの鳴き声を聞きました。カケスは相変わらず道路脇に多くいます。カワガラスも巣作りをはじめています。

   → 花職人Aizuの八王子でのフェア(4月23日、24日)

 → 4月11日、トマト加工

■4月24日の毎日新聞総合面。

 もと三菱総研の浜・同志社大教授が「時代の風」で震災後の世界経済構図を「ロンリー・ワン化を恐れる」として書いている。地球的に広がるサプライ・チェーンという名の寄せ木細工は、日本製のひとつの部品が外れ落ちることで、その全体が崩壊することを示した、、、。オンリー・ワンの日本の部品(ピース)が外れ落ちることで、将棋倒しの犠牲になるのはかなわない。それなら、あらかじめオンリー・ワン(日本)は外しておこう。そういうわけで「日本はずし」という言葉が一気にメディアをにぎわしている。かくしてオンリー・ワンは一転してロンリー・ワンになる。唯一の存在がひとりぼっちの存在になってしまう。一方で、自国内ですべてが完結するようになればかなり殺伐としてくる、、、、(意訳)。

20110225dsc06741

20110225dsc06743

20110225dsc06739

20110225dsc06790

20110225dsc06812

20110225dsc06811

20110225dsc06819

時に4カ所より硫化水素ガスが大気中に放出されている柳津西山地熱発電所。

20110430dsc07135

↑福島県会津・柳津町西山地区にある柳津西山地熱発電所。地熱発電所は写真のように硫化水素を15km周囲に拡散して大気汚染の原因となっている。脱硫装置を付けてもその汚染はなくならない。当地、昭和村大岐までも風向きにより硫化水素臭が飛来する。そして地下の圧力を抜くことから起きる群発地震。2009年10月12日、この井戸を震源とするマグニチュード4.9、震度5弱の地震により近隣の牧沢地区の土蔵の壁は落ち、墓石等が倒れている。冷却して地下へ蒸気を戻すのだが、それがうまくいかず近傍河川に流出した事故等により河川水は汚染され鮎釣りができなくなったことがある。

  → 柳津西山地熱発電所

  → バードストライク

 一方、風力発電は渡り鳥等の飛翔ルートに設置される場合、鳥類への多くの殺傷事故が地球上で発生している。

 大規模水力発電も大きな問題。また源流部を埋め立てる上部ダムを建設する揚水発電が、電力不足への対応で再検討されているが、これは言語道断である(湯之谷揚水等の中止、明神沢ダム新設と奥只見ダムの揚水)。福島県の奥只見ダムは、この電力不足でフル稼働しているため(これまでは8月の午後、甲子園の高校野球の決勝をエアコンのある室内でテレビ観戦する首都圏の電力ピークのために使用された)、水位変動のためダム湖の遊覧船の運航が見直されている。

 発電基地(地方)と使用場所(都市)の距離がある場合、このような負担を地方がすべて持つことが問題の根幹にある。電力も地産地消でなければならない。使用する場所で生産する方式に変えない限り、課題の本質は改まらない。

 無雪地帯なら住居は太陽光と燃料電池による個別発電、工場等は火力・水力ということになる。

 東北を「新(自然)」エネルギー基地にする、という「基地」発想自体が20世紀の発想で、原発震災後の社会の構想・仕組みにはそぐわない(菅家博昭)。

  1. 三森創一郎, 2009年10月12日に柳津西山地区で発生した有感地震の解析, 日本地熱学会平成22年学術講演会講演会, Tsukuba, Japan, (2010)

« 奥会津・三島町川井の保冷花集荷所 | トップページ | 無加温促成栽培 かすみ草 7月上旬開花予定 »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事