September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 2011年7月からの出荷計画(予定) | トップページ | 春の雪 »

2011年4月 2日 (土曜日)

味噌の効用

■2011年4月2日(土)

■全国農業新聞 2011年3月4週号(23日)の10面・流通面で、櫻井研氏が書いている。「ニッポン・ブランドを海外へ 原発事故が輸出にも影響」

 製品に消費者が満足できる価値は、実用的な利便性の部分と、感情的な利便性の部分のふたつで成り立っているとの考え方がある。

 たとえば、日本の味噌は汚染物質を対外に排出する効能があるといった風評が人々の間に広まると、「感情的な利便性」が需要を創造する。しかし、その逆もあると認識する必要がある。

■日経MJ第5126号 2011年3月30日の1面で、細田琢氏は「消費者に見える成果を」。

 震災で価値観が大きく変わって今後はあってもなくてもいいものは消え、それ自体に意味があるものだけが残るかもしれない。特に若い人が自覚的で、買いだめをやめて譲り合おうという行動も若者から広がったほどだ。

 これからのエシカル(倫理的に正しくないから買わない)マーケティングは消費者と共同・協力してやっていくことが大事だ。支援先が地元であるなど、地域に密着した取り組みならば成果が消費者の目に見える。社会貢献活動をマーケティングに活用することに賛否両論あるが、うさんくさい取り組みは結局淘汰されていく。

■3月26日、毎日・記者有論。星浩さん「我欲より共生、復興の焦点」。双葉町など福島県の海岸沿いの地域は10基もの原発を受け入れてきた。そこで発電された電力は、地元では使用されず、送電されて首都圏の繁栄を支えてきた。原発事故の不安を抱えて暮らす地域住民と、煌々とと電灯がともる東京の高層ビル群。そのギャップを重く受け止めて、被災者の苦難を分かち合う術を考える時だ。都会の浪費や行きすぎた便利さなどを見直す機会でもある。

■3月26日、毎日オピニオン欄。高橋克彦さん「堪え忍ぶ力 見事な振る舞い」。東北は平安時代の蝦夷の指導者アテルイの時代から、ずっと戦いに負け続けてきました。戦後になっても、中央とは経済的、文化的な格差がある。そういう抑圧に耐え続けた遺伝子が受け継がれ、この危機を耐え忍ぶ力を与え、、

■3月28日の産経新聞オピニオン欄。山折哲雄さん「大災害に向き合う日本人の心象」。鴨長明と日蓮について書いている。中世の天災・人災論を、今日われわれの天災・人災論と分かつものは、ただひとつ、彼らが自分の生き方そのものと表裏一体となった議論を展開していたというところにあるのでは、、、

■3月29日、朝日新聞生活欄。盛岡正博さん「私たちと生き続けていく命」。人生の途中でいのちを奪われた人たちは、けっしてこの世から消滅したわけではない。その人たちのいのちは、彼らを大切に思い続けようとする人々によっていつまでもこの世に生き続ける、、、私たちは彼らに見守られて生きていく

■3月30日、朝日新聞オピニオン。吉田徹さん「リスク制御を世界が注視」。作物の不作を避けるために農薬を用いれば、環境汚染のリスクが生じる。地球温暖化を回避しようと原子力に依存すれば、原発事故のリスクが高まる。リスクを排して未来を確実なものにしようとすれば新たなリスクが呼び込まれる。

■3月30日、朝日新聞オピニオン欄。ウオルト・パターソンさん「原発ルネサンスの逆風に」。原発に注ぐ資金や技術を別のエネルギーに振り向けたら、どちらがより経済的で安定したシステムか、わかるはずだ。日本には風と太陽など無限の資源がある。それを利用する技術にもっと投資すればよい。

■日経新聞は3月29日より1面で「東日本大震災 いま何をすべきか」の連載をはじめている。1:政官民の総力結集を 2:未来拓く経済復興を 3:「ものづくりの力」今こそ 4:信頼できる情報 内外に(4月1日)。経済教室も大震災と日本経済、29日は現場重視を復興の起点に、30日は産業集積。

20110401kasumi

« 2011年7月からの出荷計画(予定) | トップページ | 春の雪 »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事