September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 6月8日に、会津MPS連絡会(参加締切5月27日) | トップページ | 5月20日、かすみ草生育調査・あぜ道学習会 »

2011年5月21日 (土曜日)

1943年5月24日、青苧焼き:karamushi-yaki

■一九四三年五月二十日(木)雨
 朝より雨だ。朝食をすますと外には種々仕事はあるが、出たくない日だ。雨は益々なので座敷の中で洋傘なほし(修繕)をはじめた。3本よくよくこわれたのを作る。四時頃までかかる。午後家へ小野川より栄俉兄区長(清次)渉兄と三人来て村人と種々相談。当部落にて二拾二俵の供出をすることと決定。家は四俵、家の十七年度産これで拾俵。

■五月二十一日(金)曇り時々雨
 一時より役場に於いて徴兵検査通達書公布並びに其の心得べき事項の素協議等のため十一時に家を出発。叔母の家にて馬に産後あきの後で赤飯を戴き、一時一〇分前に到着。式は意外に暇とり五時頃までかかる。中津川は目下田のくろとり、夕方遅く、帰宅。家出発前は藁小切(馬糧、一時間)、気温は低下した。
 受信四月二十六日写した写真来る。家でで村長さんが来て又米三俵。
 山本五十六元帥戦死公表。

■五月二十二日(土)
 新田畠の馬耕、今朝降雪あり。寒さ身にしみ朝食後も仲々出られない位。午前畑のどて等を伐り払い帰宅。午後、麻蒔き新田へ。糞尿を天秤にて運ぶ道が悪くて全く危険だ。麻蒔き終わって西瓜、胡瓜、大白瓜等蒔種。麻蒔全部終了。今年は植上で多植の予定。兄はぜんまい取り。カレンダー小満。

■五月二十三日(日)晴れ
 大田を房子と共に馬耕する。午前は六枚支切り、午後は下二枚で道下全部終了したわけは干なくて六枚支切りなどは水があり代掻きのやだが耕え方は美点。馬はこはさうだ。今日は昼休に魚釣りをやって見た。四匹釣り夜食べる。午後、廣兄とこへ動■が来た。夜は散髪、普通とは違ふであらう夢のやう。
 母、大芦へチヨノ叔母が危篤なるに依って行く、令状持っては一夫君来る。

■五月二十四日(月)風、曇
 昨日の岩魚、夕と今朝食べた。自分としては初物だ。生魚だけあってうまい。昨日より天気がぼやけて雨模様となった。早く青苧焼き(からむしやき)をせねばならぬ。風が出だ灰がとぶ。煙の中をむせむせ、下肥振り全くこんな日はないのだが、どうしても今日やらねばならなくなった。昼食どころか一時頃雨となった。雨は止んだ風はあるが青苧焼は終了。
 受信手一、昭三より写真在中。

(解説)二十四節季の第八が小満(しょうまん)。この日記では五月二十一日だが、二十二日の欄外に福次はペンで「カレンダー小満」と書いている。水田の馬耕に忙しく、また天候不順、雨、二十二日は雪が降ったりして、二十四日にカラムシ焼き(青苧焼き)をしている。現在ハタヤキなどと語る若い人が多いが「青苧(からむし)焼き」が古来の村人の言葉である。からむし焼きは、焼畑のひとつであるが常畑で行われ麻との輪作のなかにある。そして「からむしの芽を焼く」時期を選んでおり、「からむし焼き」の意味や目的は芽を揃える、早くでるオヤソになる強い芽や、生育の早い「野からむし」を焼くことで、カゲソを優先的に育てる強い意志を含む言葉である。「からむし焼き」であり「はたやき(畑焼き)」ではない。芽の時期をよく観察して焼いている。

 → 2008年5月23日のからむし焼き(野尻)

20080523img_0234

« 6月8日に、会津MPS連絡会(参加締切5月27日) | トップページ | 5月20日、かすみ草生育調査・あぜ道学習会 »

菅家福次日記1943年」カテゴリの記事