September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 6月8日夜の会津MPS連絡会参加者決まる | トップページ | かねもち とは? »

2011年5月28日 (土曜日)

失われた手仕事の思想

■2011年5月28日(土)

 昨夜(5月27日)19時、大岐地区の田植えが終わったので「おこもり(お籠もり)」が行われた。本来は村の背、高台にある「やまのかみさま」のお堂で行われるが、電気が無いこと、高齢になっていること、石段を登るのがたいへん、、、近年、集落内にある集会所・大岐管理センターで開催される。田植え休み日どりや今後の集落の行事を決める。

■台風2号が北上している。30日頃、東北地方を通過する。少ないながらビニル被覆したかすみ草栽培圃場があるので、気がかりである。

 天候は今日から雨続きの予報で、気温も低い。

■私のブログの記事は何度も書き直しています。また写真も随時追加しています。写真はその日(前日)に日々の暮らしや農作業のなかで撮影したものを載せる(100枚撮影し5枚程度)ようにしています。

■塩野米松『失われた手仕事の思想』(草思社)は、2001年9月に初版が出ている。本の装丁は田村義也。秋田県生まれの著者はかつて小学館の雑誌『ビーパル』などに職人の聞き書きを掲載していた。西岡常一棟梁などの聞き書きも有名である。

 本書には、多くの手仕事のなかに、山形県温海町関川のシナ織りのことが紹介されている(62ページ)。この町でも布に織るための体験制度があり、昭和村のからむし織り体験生として来られた方や、隣町の役場に就職された女性もいる。

 さて、奥会津では「モワダ」と呼ぶシナ(標準和名は科の木・シナノキ)は著者の塩野さんの秋田県では「マンダ」と呼ぶ、という。

 私がいま、かすみ草栽培用のパイプハウスを建てている境の沢圃場の脇にはこの「モワダ」樹木がようやく葉を展開してきたところで、それを見ながら仕事をしている。6月が樹皮の剥ぎ取り時期になる。

 奥会津の只見町ではシナ皮を相当に他邦に産物として出しており、1993年に発刊された『只見町史 第3巻 民俗編』にその詳細が紹介されている(43ページ、806ページ)。

 さて、塩野さんの著作では、「木には背と腹がある」ことをシナ布のことで紹介している。

■背は斜面に立つ木の谷側をいう。腹は山側。背は樹皮が薄く、腹は厚い。皮は背から剥ぐ。使うのは甘皮と呼ばれる内側の部分、外側の粗い樹皮は使わない。ここらはクズ(葛)と一緒である。靱皮(じんぴ)から繊維を取るのである。甘皮を剥ぐ前に外皮の付いた樹皮を叩き、折りたたむ。こうすると甘皮が剥ぎやすい。この作業を「木殺し」という。見事に甘皮が剥ぎ取られていく。

 シナ布に必要な糸は2万メートル。幅36センチ、長さ60メートルで一反である。

-----

■5月26日午前10時35分から12時25分、奥会津・金山町川口の川口高等学校で「奥会津風土体感プログラム」授業があり、講話しました。今回は私の話のなかで、広島県から昭和村のからむし織りを学びに来ている赤木洋子さんに村でのからむし挽き、染め、糸作り、織りまでの体験の話しを少しだけ紹介していただきました。スライド写真の投影による説明だけでは伝わらない内容も伝わったと思います。

20110526dsc09182

20110526dsc09183

20110526dsc09184

20110526dsc09195

20110526dsc09197

 

 

  

« 6月8日夜の会津MPS連絡会参加者決まる | トップページ | かねもち とは? »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事