September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« かすみ草苗の納品遅れ | トップページ | 気温七度 »

2011年5月23日 (月曜日)

山から下りた

■2011年5月23日、19時30分から1時間、奥会津・昭和村下中津川のHさん(昭和13年生)宅で、同地の地名呼称(俗称も含め)聞き取りをしました。第2回目です。わかる範囲で聞いていき、なにか思い出したことをまた聞いていきます。地名を調べることが目的ではなく、山野で具体的にどんないとなみをしたのかを再現。

 今年の7月28日(木)に昭和村で開催される奥会津大学第2期の講座のための「下中津川」で聞き取り調査をしているわけです。フィールドワーク(午前)、講義(午後)と下中津川地区と昭和村公民館で開催されます。チョマ倶楽部が事務局。あと5回ほど聞いて、現地踏査をしながらまた聞いて、歴史を埋めます。

 矢ノ原周辺の楢林(コナラを主体とした広葉樹)を政府から払い下げ残雪のある春に切り、雪ソリでそれを引き下ろし、現在のJAスタンド付近に棚(タナ、貯木)を作ったようです。矢ノ原周辺には「セキドテ」(堰土手)とよばれる等高線に沿って造作した水路があり、それをソリ道に利用したようです。

 春木山(ハルキヤマ)とは薪(まき)にする作業です。薪を切らない人は炭に焼いたようです。野尻川対岸の左岸から矢ノ原高原、玉川流域の新田付近が薪炭林のようです。

 下中津川の後背山地は高舘山(847m)山塊で、こちらは民有林(個人所有)と山頂付近が国有林です。かつて折橋川と呼ばれた柳沢、中村沢、ウバガミ様の沢、ムジナ沢、イデエリ沢、不動沢(高橋沢?)、滝ノ沢、不動沢(上平集落)。特に、中村山・上村山・花坂山からそれぞれに現在の家屋地に移動。

下中津川、ここには中世・野尻山ノ内氏の猿舘山・高舘山の山城のほか、折橋側から御伊勢の山舘(柵)、野尻川左岸(下中津川対岸)に堂の沢舘、下中津川の柵、川原田の舘(柵)があり、小中津川には柳沢ゴーシ沢の舘、愛宕山の柵があります。

■『田島町史』第1巻 昭和60年(1985) 261ページ
大永元年(1521)、長帳は、「みなみの山勢桧玉に入り、ことごとく焼き候、皆々打死つかまつり、一騎も返らず候」「4月26日、屋形(芦名盛舜もりきよ)さま南の山へ御馬を出され候、5月上旬に御父いたて(伊達)よりして、御扱いにて御馬を入れられ候」とある。桧玉村は近世の福永村で、長沼勢の特攻隊のような一隊は大内から峠を越して桧玉村まで出て来て民家を焼き戦を挑んだ。芦名方の対応は早く、長沼勢一騎残らず討たれた。これが4月20日前後で、26日には盛舜は大内峠を越して南山へ侵入した。このしらせを聞いた伊達植宗(盛舜の妹を妻とする)は和睦を斡旋して芦名勢を返させた。(略)
 この戦闘が長沼氏が芦名氏に対する抵抗のはじまりで、この後たびたび小戦闘が行われる。大永四年(1524)には「旧事雑考」だけであるが「南山平らぐ」がある。

■『大沼郡誌』大正12年(1937) 大沼郡役所編纂
喰丸一戦 大永五年(1525)南山長沼、野尻山内を亡ぼさんとて、勢二百余騎を引率し来たりて、喰丸舘の越に陣す。野尻勢聞くより、山内藤八郎実俊、手勢五十騎を以て向かい、喰丸猿舘(注・下中津川)に陣し、激戦す。南山勢室井、湯田、猪俣等敗北して走る。実俊時十八歳なりきという。いまこのところを陣場(喰丸の小字に有り)ととなえ、矢鏃を拾うことあり。その後、道信、実俊父子黒川(会津若松)に赴くをうかがい、南山勢堂本上総、堂本左近等を大将とし、再び野尻を襲う。道信弟道盛勢を集め、渡部河内、栗城清三郎、五ノ井隼人、小林與治右衛門、菊地三郎左衛門、斎藤佐治右衛門、布沢太郎佐衛門等をはじめとし、牛首城に籠もり防戦し、上総及び左近を打ち取る。長沼勢、火を民家に放って退く。野尻中向より下中津川に通ずる旧道の傍、字八幡と唱うるところに塚五個あり、左近塚という。
583ページ 杉林中塚五個あり、左近塚という。このあたり牛石(生き石様か?)あり、形状相似たるを以て云う。また下中津川新田に七塚あり、いま麻畑となり六個を余す、何人の塚なりや詳ならず。春日神社 大字中向字上ノ山に在り。

『昭和村の歴史』44ページ。大永五年、田島の長沼勢が野尻領に兵を出し、野尻勢と喰丸の猿舘で合戦したとき、、、、、、合戦の後、道信、実俊父子が長沼勢の暴状を、十五代芦名もりきよ(盛舜)に訴えるため黒川に行った留守中、また長沼勢が野尻に来襲した際、盛通(野尻山ノ内三代道信の弟)は野尻勢を指揮し、栃尾沢城に拠って奮戦し、長沼勢を走らせている。

■天正十七(1589)博士峠・喰丸峠を経て下中津川経由で、 伊達政宗家臣大波玄蕃ら野尻入り。

20110523dsc08874

↑下中津川高舘山、駐在所前付近より東方。イデリ沢。左(北方)が花坂山、右(南方)がウワムラ山。

↓手前が花坂山、左方後方が猿舘山と地蔵岩。

20110523dsc08875_2

20110523dsc08876

↑中村山と熊野神社の杜

↓御伊勢山の柵(舘)の右は柳沢。左方遠方が高舘山(下中津川のオアタゴ様)。

20110523dsc08906 

20110523dsc09084

20101026dsc04853

新編会津風土記、大沼郡誌にある中世野尻山之内氏の立てこもった「猿舘山」。中央は地蔵岩。集落は気多淵(けたぶち)。上平(うわだいら)。山を背負う、集落の通常の立地。 近くに阿久戸(あくと、開戸)も山を背負う。野尻川河谷平野の狭隘部は上流から両原・小中津川折橋・気多淵。写真遠方は志津倉山南面。2010年10月27日の記事(菅家)

20101026dsc04859

« かすみ草苗の納品遅れ | トップページ | 気温七度 »

会津学」カテゴリの記事