September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 6月の会議の参集者決まる | トップページ | 柳沢峠の流域(標高550m)エゾハルゼミ鳴く »

2011年5月18日 (水曜日)

新しい現実、震災後の社会変動

■2011年5月18日(水)

 本日朝5時、大岐集落の堰上げ。ようやく水田に取水可能になります。集落まわりのサクラも終わり、家庭の八重桜が満開。他種の広葉樹の葉が展開しはじめる気配です。

 昨夜よりカエル鳴く。

■5月17日(火)は寒い日でした。小雨、曇り、時に陽光がさしましたが、風がとても冷たい。カラスが12羽、高畠の圃場まわりにいます。トラクターで畑を耕起した後を歩いています。4km下流の琵琶首の葬儀が柳津であったため、集落内のほとんどの家がヨバレたため、圃場に人が居ない一日でした。

■311後の社会変化についてマーケティングの立場から→法政大 小川孔輔先生5月15日、新しい現実

■日経MJ5月16日号5面。日本ホームセンター研究所長の高橋直樹さんが「変わる消費者意識」。

 生活を楽しみたい、といっても無意味なもの、無駄なもの、無益なものに対する消費の意欲はゼロで、「実質的であること」や「機能的であること」が求められている。キーワードは「つつましく楽しむ」「生活を工夫する」。

 商品を購入したりサービスを利用したりすることは、消費者にとっては自己表現や自己確認の手段でもある。その意味では、「今、何を買って、何を買わないのか?」がこれほど意味をもったことは今までになかった。消費者は買い物や食事や娯楽を通じて、震災後の社会とどのように全体に貢献しながら自分の生活を維持していくのかを模索している、、、、

20110517dsc08631

20110517dsc08633

« 6月の会議の参集者決まる | トップページ | 柳沢峠の流域(標高550m)エゾハルゼミ鳴く »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事