September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 葬儀続く | トップページ | カラムシ(青苧・青麻)植え »

2011年5月17日 (火曜日)

菅家福次日記:1943年5月16日(日)、青苧(カラムシ)植え

■1943年5月16日(日)
 皆、朝食前にぜんまい取りにでかける。自分はそれ等より一寸遅く起きて温床をこはし等の後、布晒場畠に厩肥運び拾四駄。天気はこの間からハッキリした天気になって見ない。風が強い曇空である。雲は、西よりどんどん流れて居る。青苧を植える。鍬の柄を入れる。こんなことが仕事である。ぜんまいはさかりらしい。
 ぜんまい取り朝食前村人盛。厩肥運び・馬・布晒場。青苧植(三人)。麻畑中耕(四人)。

■2011年3月11日に発生した東日本大震災から、当家の故・菅家福次の1943年の日記を翻刻していない。1月1日からその日その日を68年前の同じ日にたどってきた。

 2011年5月16日(月)に、父・清一がからむし(青苧)を植える畑、高畠の大畑をトラクターで耕起した。同日夕方、高畠のモトコ姉のカミッテンデイ(上手台)のカラムシ根を一部掘りあげた。子息・進さんに父・清一が頼み、根株を少しいただくことになった。17日に高畠の大畑に植える予定。同日夜に菅家福次はかつての1943年の今日に何をしていたのか、日記を見てみると、「青苧(あおそ・カラムシのこと)を植える」と書いている。
 さかのぼって1943年の5月の日記をたどると、雪融け、日々の天候、風の具合、山々のブナの新緑、農作業と現在と変わらない。圃場(畑)の呼び名も今も68年前も全く同じである。どの畑に何を栽培していたのかが復元できる。また、山火事とあるのは春のコモンズ(共有地)のコガヤの萱場(かやば)の山焼きの延焼であろう(くっつけ放し)。現在は4月12日に行われている天狗様祭りは5月15日に行われている。

 5月1日、4月29日に善次氏が永眠し5月1日に埋葬、帳付け。
 5月2日「夕方青苧畑へ萱(かや)を背負う」とある。冬がきはづし。
 5月3日、苗代耕し終わって又萱背負。
 5月4日、大田に行き「くろ」取り。
 5月5日、大田に行き堆肥積み。背戸の薪積み。
 5月6日、毛欅(ブナ)の木は若芽を萌出し緑色を色した。大川向の日向の1本桜は三から四分咲き。木積み。川流れ畑の桑を掘る。
 5月7日、川流れ畑の桑を掘る。苗代掻く、馬があばれる。午後、川流れ畑で青苧堀。午後、裏山の蔭より煙出て驚く、山火事のようだ。
 5月8日、休業・青年学校(喰丸)。
 5月9日、苗代うない、代掻き地ならし。角畑馬耕。ハタ山の山火事。母上等が善光寺詣で帰宅。
 5月10日、ワラジを馬にはかせ「シシュウテ」まで行く。馬橇を見た。角畠を馬耕して種蒔き。兄等は早朝コゴミ取り。善次氏宅の桜満開。
 5月11日、種蒔今朝終了。旧の4月8日で村では休日。縄を綯いビクを作る。博士山は真っ白。風は数日前より定期のように吹く。夜、粳餅、トマト茄子の発芽。兄上等はコゴミ取り。
 5月12日、大成沢へ蹄鉄、鞍を借りて行く。霜降る。午後馬耕。村人は苧(を・麻か?)蒔きをはじめた家もある。
 5月13日、馬耕。布晒場の畑とその他を耕起。最後に角畑を馬耕した。馬は馴れて良く歩く。午後芋畠(イモを植える角畠)に厩肥を運ぶ、拾三駄。琵琶の七郎兄が戦死(四月二十二日)の報。唐モロコシ蒔き。兄はコゴミ取り。
 5月14日、雷の音。芋蒔き。午後青苧堀り(川流れ畠)。朝、ぜんまい取りはじめ。
 5月15日、大枝澤天狗神社のお祭り。朝食前に旗掛。一日農事は休み。

20110509gimg_4766

« 葬儀続く | トップページ | カラムシ(青苧・青麻)植え »

菅家福次日記1943年」カテゴリの記事