September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 菅家福次日記:1943年5月16日(日)、青苧(カラムシ)植え | トップページ | 6月の会議の参集者決まる »

2011年5月17日 (火曜日)

カラムシ(青苧・青麻)植え

■2011年5月17日(火)小雨、曇り

 今日は朝から、大岐集落の南南西後背地にある高畠。その大畑にカラムシの根を植えています。唐鍬で根株を堀上、ランナー状に伸びた「イイネ」を20cmにカットし、株もとに近い側を上にして傾斜付けて置き、覆土は、ほっかけ植えとします。午前中は8ウネ(条)半、1ウネ約60~80本。500本植え。半分ほど植えたので、午後いっぱいかけて終了予定。根は1000本。

■追記:午前は2人、午後は3人でも終了せず翌18日午前も作業。

20110517dsc08624

20110517dsc08620

 20110517dsc08576

↑根株掘り

20110517dsc08601

20110517dsc08608

芽の出るランナー(匍匐枝、あるいはサッカー・吸枝)は予想以上に深部(15cm~20cm)にあり、そこからさらに栄養吸収根(基部が細く中位が太いバオバブ状)が垂直に伸びている。大芦で1988年に故・五十嵐初喜さんから教授されたときは、カラムシの株そのものは「タッコネ」、木の切り株などをタッコというので株そのものを言う。タッコネから垂直に伸びた根・栄養を吸収・貯蔵する根を「ゴボウネ(ゴンボネ)」といい牛蒡のような根という意味である。株から横に水平に伸びる匍匐根を「イイネ」(良い根)といい、これを15から20cmに切り植える。

今回の大岐で父・清一(78歳)は、株近く側がウラ(天にして植える、つまりこちら側を上にして畑に伏せる)で、揃えて植えるという。しかし匍匐して発芽している芽の出方でからなずタッコネ側(本株)がウラになることでもない。根の様子を見ながら、切り、ウラを揃えて、苗を作る。

20110517dsc08607

20110517dsc08610

20110517dsc08611

20110517dsc08593

20110517dsc08594

ホッカケウエ(掘り掛け植え)。鍬を使う。

20110517dsc08604

20110517dsc08617

20110517dsc08612

↓ウセクチ(失口)の根。腐植している根、これが地中で一部乾燥したまま残る。ウセクチの株から伸長したカラムシ植物は茎に赤褐色の傷が出る。圃場に植えたカラムシも2年目のものまでウセクチ様の赤褐色の傷が繊維に出る。

20110517dsc08606

« 菅家福次日記:1943年5月16日(日)、青苧(カラムシ)植え | トップページ | 6月の会議の参集者決まる »

会津学」カテゴリの記事