September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« かねもち とは? | トップページ | 文禄三年大沼郡中津川喰丸検地帳 »

2011年5月30日 (月曜日)

文禄三年(1594)十月十日

■2011年5月30日(月)台風2号由来低気圧の風雨。

 29日も雨。田植え休みの日。夕方、田島へ。田部の浩仁宅。舟鼻峠から22時30分帰宅。峠の樹木の枝・葉が風雨でアスファルト舗装道路上に落ちていた。

 日中は、旧・市民会館跡に会津稽古堂の3階に新装開館した会津若松図書館で福島県史・会津若松史・南郷村史・柳津町史などを閲覧、複写。現在、下中津川、を調べている。

■1594年(永禄三甲午年)の夏、蒲生氏郷は会津領内の検地を行う。現在の昭和村域でも10月10日、検地が行われ、喰丸中津川で96名と大芦村12名が登載されている(『昭和村の歴史』67ページ)。現昭和村域のかつて山ノ内氏と蘆名氏の領地(近世、1600年代に野尻郷と呼ばれる現昭和村域の中世1500年代の郷組名は不明)は、蒲生氏の直轄地(蔵入地)と、七人の家臣(給人)に分与された。計2447石。

大芦(277石)御蔵入

小野川(209石)御蔵入

松山(70石)木本左平次

野尻(689石)結城十兵衛

喰丸(650石)平新左衛門、多田紀平二、大塚太郎介

中津川(550石)竹田矢助、横田八郎兵衛

■1500年代までに、現在の昭和村行政区域内の基本集落はほぼ成立している。大字単位の集落を近世は村(むら)とよんでいた。9ヶ村。

 大芦、小野川(大岐を含む)、松山、野尻(中向を含む)、喰丸(佐倉、両原を含む)、中津川(小中津川・下中津川を含む)と考えられる。

 私の住む大岐(おおまた)は小野川の端村(はむら)で、住所的には大字小野川字大岐といい、近世は小野川村である。母村が小野川で、その分村・衛星村の形を行政上取っているが開村伝承は異なる。

 松山も大芦もそれぞれ一村としての構えを維持している。

 野尻村の端村としての中向(なかむかい)は集落数も多く、『大沼郡誌』では野尻中向と表記している。本来、中向が自然村として成立し、その後に山ノ内氏が入村開拓したのが野尻と考えられ、軍事拠点として整備されるなかで、中向は野尻の端村に行政的に変更されたまま母村(一村)としないままで現在に至っていると考えられる。

 1600年代になり、両原は喰丸の端村の原と、佐倉の端村の原を合わせ両原として大字(村)として独立している。この間、土地の交換等が行われていることから考えると、広義の喰丸(くいまる)から行政的な佐倉、両原が分村していったと考えらえる。

 さて中津川は、現在上流域に小中津川、下流域が下中津川で「こなかつかわ」「しもなかつかわ」となっている。

 さて、境界は河川「柳沢(やなぎさわ)」で、その南域に現在、昭和村の老人ホームや診療所、すみれ荘などがあり、小中津川領域となっている。柳沢は近世の会津藩編纂の『新編会津風土記』では「折橋沢(おりはしさわ)」と言っており、本流の野尻川は「内川(うちかわ)」と表記している。折橋は当時から小中津川村内の集落名としても存在し、現在も4軒ある。現在の野尻川の河川名はもとは中津川であったと推定できる。

 小中津川・下中津川は近世の呼び方、領域であることが推察される。つまり中世には「中津川」といい一帯のものであった。私は中世には「中津川郷(なかつかわごう)」が現在の昭和村域の呼称であったと考えている。それが近世になり「野尻郷」あるいは「野尻組」として会津藩、幕府直轄領としての呼称である。

 我が家の明治時代に大岐で生まれ育った祖母らは、中津川をいつも「ごうのほう(郷の方)」と呼んでいた。大岐からは柳沢峠を二里(8km)行けば中津川に着く。

 中世の中津川郷は原則として中津川(現在の野尻川)の右岸域の山際に自然村が成立している。そこに山ノ内氏が入り、中津川中心ではなく河谷平野北端の野尻に山城と居館(舘ノ内)を構成し左岸の湿地を開墾を進めていったと思われる。

 中津川郷の中心は現在の小中津川の気多神社所在地と私は考えている。土塁で囲まれた館跡に現在の神社は営まれている。これは高校を卒業して村内を歩きはじめた30年ほど前にはじめて現地を見たときに感じたことで現在も変わっていない。ますますそのことは強くなっている。山にあった社が火災にあい、現在の地に移転した。この土塁に囲まれた場所に屋形(館)があり山ノ内氏以前に支配(行政)権等を所持していた人が住んでいたと考えている。屋形が廃止された跡地に神社を移転建造したものであろう(続く)

20110528bdsc09283

20110528dsc09287

上:左の杉林の茶褐色屋根が気多神社域。中央奥の山は舘裏山(通称へのじ山)右が小中津川集落。野尻川。

20110528dsc09266

20110528dsc09278

南方に残る土塁。東方には壕。

20110528dsc09280

« かねもち とは? | トップページ | 文禄三年大沼郡中津川喰丸検地帳 »

会津学」カテゴリの記事