September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 失われた手仕事の思想 | トップページ | 文禄三年(1594)十月十日 »

2011年5月28日 (土曜日)

かねもち とは?

■先に紹介した問いの答えは以下の通りです。→ 問い

■平成4年(1992)8月に奥会津・金山町中川の渡邊良三先生が復刻された『金山谷風俗帳 解読解説』のあとがきに次のように書かれている。

 この文書は『文化四年卯三月 風俗帳 大沼郡金山谷四ヶ組』(32枚)で、近世・江戸時代の奥会津の民俗・習俗・行事などをまとめたもので、昭和村松山の故・佐々木太市さん(佐々木家は名主)が大事に保管されていたもの。

 田畑にガソリンエンジン搭載の耕運機が入らない昭和30年代のはじめまで、この『風俗帳』にある暮らしがあった。

 往事の「カネモチ(金持ち)」とは、「コメ」「ミソ」「タキギ」という暮らしの三条件の備蓄だった。日常は三年越しの古米を食べ、玄関(通りの間という土間には塩舟の上に塩俵が五俵も積まれ、土蔵には数個の桶に味噌が満ち、屋敷には薪が幾棚も積まれている。家の構えと共にこれらの物が備蓄されていれば一見して「カネモチ」とみられたわけである。

■コメはモミ(籾)で保管しており、いつでも蒔けるし摺れば食べられる。味噌は米と豆と塩で自家製する。薪は春木山で確保する。

 2011年3月11日以降、特に東京電力の原子力発電所事故による地球の放射能汚染の広がりと深刻さを見れば、かつてどこにでもあった自給的な暮らし、カーボンニュートラルなエネルギーの自給での薪炭林(再生利用、木炭も含む)と節度ある暮らしは、日常の備蓄にこそあった。

20110526dsc09178

上:三島町  下:昭和村両原

20110525dsc09136

20110525dsc09138

 

« 失われた手仕事の思想 | トップページ | 文禄三年(1594)十月十日 »

会津学」カテゴリの記事