September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« かすみ草の植え付けの日、続く | トップページ | 海下展也さん »

2011年6月 7日 (火曜日)

到花日数による組み合わせ

■2011年6月7日(火)

 晴天続き、干ばつ気味の天候が続き、家の前を北に流れる滝谷川の川底の石表の上のカジカガエルの鳴き声も午前1時半を過ぎると、その声は聞こえなくなる。水田のカエルも同じ。草木も眠る時刻に入っていく。

 1990年代中頃に発売された小さな花のかすみ草・ミリオンスターは欧米での中心品種としてハンドリングが優れ、花束加工や日持ち保証に適合した品種で生産が拡大した。欧米は大きな花のかすみ草パーフェクタが主流であった(それをニューホープというかすみ草は受け継いでいる)。

 高温・長日下の夏でも草丈が伸び、硬質化に改善したギャラクシー・ミリオンスターが開発された、とかすみ草種苗会社から連絡があった。試作苗が届くことになった。

■2005年頃から日本のミヨシという会社がアルタイルというかすみ草の品種、早生で冬季の生産に向き原油高で暖房費高騰するなかで熊本県内を中心に栽培が急速に拡大した。これは晩生種で夏季に高温障害に強い雪ん子という品種群が1990年代半ばにブリストルフェアリー(BF)という中生品種に置き換わったものが、10年経過してさらに置き換わったものである。

 日本のかすみ草栽培は明治時代にアメリカで育種されたBFが接ぎ木で栽培され、それが40年ほど前からの細胞増殖技術メリクーロンにより茎頂培養の無病苗の生産が可能になった。

 中生品種BFは、1990年代になり、日本のバブル経済の破綻による価格急低下から品種の改善に目が向くようになり広島県下で宮本仁郎さんがBF種のなかから早生で草姿がシャープな品種を発見しニューフェイスと名付け販売し、日本国内での多品目化の道を作った。冬期間軟弱徒長する欠点を補うのが早生品種である。

 早速、奥会津・昭和村でもニューフェイスの栽培が行われるが夏場は到花日数が短くなることから草丈も短くなり、また高温障害(団子花・集合花・着色花)が出るため導入は難しかった。夏場の高温障害に強く伸びる花ということになると晩生種のなかからの選択となる。冬は早生、夏は晩生、そのなかで雪ん子が登場してきた。北海道を中心として夏秋生産に投入された。しかし低温期や乾燥で花が赤色化発色する欠点があり、様々な枝変わりが登場してくるが、基本は晩生種であった。

 2005年頃からのアルタイルは早生系への揺り戻しで冬春産地が品種選定の主体となっているが、それがこの気象変動が激変する時代になってから、安定生産が不可能となっている。気象変動を吸収できずに一斉出荷するのが早生系品種群である。たとえば昨年の夏などがそうであった。アルタイルと同型品種にベール系がありそれも同じであるが、中生の品種ベールスターは花も美しく北海道や奥会津を中心にこの夏秋の導入が急速に増えた品種である。また晩生種に近いフォレストという品種も昭和花き研究会を中心に導入され本夏出荷が本格化する。低温期はロゼットして抽台が難しいので夏向け品種である。

 夏に伸びない早生系品種で、おなじような風合いで中生、到花日数が1週間以上遅れる「ロング」という品種がアルタイルやベール系に出ているが、少し低温期になると伸びすぎ軟弱徒長する欠点がある。それを修正したM(Lに対してM)が今夏から試作で出てくる。

 気象変動を考慮していけば、早生・中生・晩生をうまく組み合わせて行くことが必要で、それはかすみ草を使用してくださる顧客生花店への説明が必要になってくる。同じ品種を年間使用して感じることは、その風合い・表情が全く異なること、品種間の差以上に同一品種の年間栽培は異品種のような印象があるにもかかわらず、品種呼称名優先での仕入れ・調達になっている。それがもたらす弊害が産地間連携を崩壊させ、端境期を多く生む結果になっている。

■昭和花き研究会は夏秋期の日本国内のかすみ草生産の責任産地として2010年の酷暑化での早生系品種だけの栽培による前進開花・品薄問題を改善するために、到花日数の分散化で2011年から対応している。つまり早生系品種群(アルタイル・ベール系)、中生品種群(ベールスター)、晩生系(フォレスト)の3本柱を組み合わせた作付で気象変動を吸収しようとしている。

 多大な国費を投じている気象観測と予報・予測でも、この夏の天候を予測できないなかで、気象変動対応への生産農家の苦悩は続く。台風が5月に2個も発生し北上していることも夏秋生産地域では考慮している。農地を山間異谷に分散しているのはそのためである。

   → 2010年の暑い夏は20日間前進開花・短茎。

■夏秋産地では良質な中生品種を望んでいる。日持ちに優れた中大輪で純白。出荷コスト(輸送費、梱包)の入れ本数が多くとも枝折れしにくいハンドリングにすぐれた伸縮性・柔軟性を持つ茎と枝、、、、中生品種で銀河、数日はやいセレブレイション。晩生種でブロッサムがセレクタのかすみ草。ブロッサムは草丈を確保できるがアントシアンによる茎の暗赤褐色化は緑色の茎の時代では仕入れ筋から異論がある。また剛直であることを改善するよう、伸びる品種でありながら2回摘心を本夏行う。

  → 2010年6月22日植え、8月18日開花

 高冷地夏だしの品種として早生も必要で、現在はかすみ草メレンゲしか無い。夏出荷すると短く開花し高温障害による着色花(緑色)になるため、初夏までの出荷に使用している。

■アメリカのボール社が開発したかすみ草ミラベラはこの数カ年で中南米や東アフリカ諸国での花束製造農場での新規栽培が増えている。冬場の電照が不要なこと、である。またマイナーリーフ(ハモグリバエ等)に強いという葉の構造を持っている。草姿はかつてのBFであるが、環境配慮型生産の中心品種で、花束農場に特化したハンドリングにすぐれた伸縮性・柔軟性も備えている。低コスト(電照不要)が今後の課題になってくる。CO2削減、温暖化防止からミラベラは白いポーラ・ベアー(ホッキョクグマ)が品種マスコットでプロモーションを展開している。ミラベラは欧米の卸への出荷は少なく、自社花束加工用となって増えていることから卸統計だけでみていると見逃すトレンドとなっている。日本国内への投入は生産も生産物でも無い。

 → 2008年9月25日エクアドル・キト市アグリフロールのポーラベアかすみ草ミラベラ

  → 2011年1月25日 ケニアのかすみ草ミラベラ

 日持ち性に加えて無臭化も育種での課題になっている。スミカのFG450(ノート、写真)、セレブレイション。ニューホープは低臭。

20090928v451dsc00708

20080924e35dsc09147

20110606dsc09697

20110606dsc09702

20110606dsc09696

20110606dsc09714

« かすみ草の植え付けの日、続く | トップページ | 海下展也さん »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事