September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 花坂の外記 hanazaka-no-geki | トップページ | 昭和村の歴史、批判。『火華』 »

2011年6月 3日 (金曜日)

奥会津・小中津川、気多神社由緒 keta

■2011年6月3日(金)

 今日の仕事は、花の販売の打合せ等での、日帰り上京。

 昨日午前、群馬県のカネコ種苗の徳弘さんがバイオロジカル社(イスラエル)の3種の新・かすみ草試作苗を持参された。午後は会津若松市で外部監査。下中津川の渡辺稔雄さんから、電話にて下中津川の髙舘山系の呼称地名の教示をいただく。

  法政大・小川孔輔先生の6月1日付け日本政府のオランダのフロリアード出展について具体的な批判をしている。→ 小川先生 グリーン・エクスペリエンス(緑の経験経済)、もの商品を買ってもらう時代は、終わっている。体験を通じて文化理解を高め、それが販売(即売)につながる。そのような仕組みを取り入れるべきだ。

■2010年秋、昭和村両原のフィールド・ワークをする前の事前調査で、同集落の羽染兵吉さん宅を訪問した。そのときに、いろいろな資料を拝見したなかに、小中津川の気多神社の由緒書きの写しがあり、それを以下に紹介する。原文はカタカナと漢字による縦書き表記であるが、カタカナをひらがなに改め、(西暦年)を示す。原本は近世の延宝三年(1675)。昭和54年に作られた現在の神社入り口の由緒写真と比較してほしい。当時の呼称でいえば中津川郷(いまは小中津川)の気多神社は903年(延喜三年)に創建され、会津藩の神社改めにより再勧請を1675年(延宝三年)に行った。

■由緒 気多大明神 勧請 延宝三年乙卯年三月吉日(1675年)

 元の御社は當(当)境内より東の山中に鎮座たりしを野火洩らし焼失し其時(そのとき)御社の大門前に杉古木あり。其処に御幣落ちあり故に其処に近郷の人集まり屋敷を造り御社を建て御勧請は延喜三年(903年)三月吉日たりと。

 其の御社は御本殿雨さらしにて御扉に錠なし。万治年間頃(1658年~)、行者体のもの来たりて御勧請持出し行きたりとのこと。其の後は後神の御勧請の代わりに御幣一本ありたりと。

 延宝三乙卯年(1675年)三月、服部安休殿、當社御改めに相成り、御勧請無くしてはならぬと仰せられたり。元とより御扉に錠なくしてならぬと仰せられし。其の時、新らしく御扉を造り錠を附け雨ざらしの宮を本殿にして五間半(約10m)四面の拝殿を建て御本殿を包みたり。

 御神の言い傳(伝)えには能登の國(国)羽咋の郡に鎮座気多の大神より移されたりとのこと。能登の國よりの御道中、當(当)社より西二十町程の処に沢あり。其の沢を越ゆる時、御神の御勧請を落とし申したり。其の処を気多淵(けたぶち)と名附けたりと傳(伝)ひあり。

 延宝三乙卯年三月吉日 謹書

■由緒中にある服部安休については、昭和48年(1973)に発刊された『昭和村の歴史』115ページに次の記載がある。これは田島町町史編纂室の故・室井康弘先生による執筆である。

 会津藩主の保科正之は寛文五年(1665)、六年の二ヶ年で、領内及び南山御蔵入領(現在の昭和村を含む奥会津・南会津)の寺院調査を行った。(略)

 寛文七年より十二年にかけて領内の神社改めを行った。その意図は、近世に入った統治の基本を武よりも文を重んじ、いわゆる文治政策に置いたが、治める者、治められる者ともに日本古来の神を尊び、神道に則った精神によって理想の政治を行おうとするところにあった。

 そのために領内に於ける神社を改め、神仏習合の平安時代以来の信仰のあり方をつとめて神と仏の分離をはかり、神社の整理、淫祠の破却、名社復興の政策を打ち出した。

 神社改めには家老友松氏興、郡奉行木村忠右衛門、侍講服部安休が全会津を巡村してひとつずつ調べた。その結果領内全域より大小1800余の神社を公認し、残りは破却あるいは合祀を命じたといわれる。即ち神社は清潔の地に本社を定め、他は相殿(一社殿に合わせ)に祀ること。民間の居住地にある社は全て取り払って相殿とすること。社跡の地はなるべく田畠に開き、一郡限りまとめて社倉に納め、神社の修復料にあてること。神社の修復を村民自力で行いたき由願い出たときは許可することなどがその内容である(『会津若松史』巻三)。

 ※神社改めは寛文十二年(1672)までと、それを受けて小中津川気多神社の再勧請は延宝三年(1675)と読める。

 ※後段に下中津川の熊野神社は村主佐瀬、代官入善は山ノ内氏の代官であろうから、と室井先生は書いているがそれは誤りである。蘆名氏(芦名氏)の宿老の佐瀬氏である。『昭和村の歴史』46ページ、中世は山口孝平氏による執筆で、「戦国末ではあるが、下中津川の半分が蘆名の重臣佐瀬源兵衛の知行地、半分が川口の山ノ内左衛門佐の領地であったと伝えられているが、佐瀬源兵衛の知行地はおそらくはじめはこの文書(長享二年、1488年の奥州會津大沼郡中津河の村の中、のしり(野尻)のむら、、、この時代はこの地方を広く中津川郷といったと思われる)にある松本氏の知行地であったものが、松本氏に代わって守護人になった佐瀬氏の知行地になったものであろう」としている。なお、36ページで山口氏は「会津の中世というと『会津四家(蘆名、山ノ内、河原田、長沼)合全』なる書が会津地方に流布していて、(略)この書は江戸時代の中期頃、民間で系図づくりの流行したとき、地方を廻って歩いた系図書きといわれたものがつくった偽書であって、何ら中世の史料的価値のないひどいものである」と断じている。

■写真は現在神社参道入口(国道400号沿い)右手に設置されたもの。昭和54年(1979)4月。内容は潤色されている。延宝三年の由緒に書かれていないこととして、東の山のなかに旧の社跡があり、石灯籠が埋まっていて、それの記銘は、「文和三年壬辰建之」と切り付けている、と書かれている。文和三年は1354年であるが、甲午年である。壬辰年は文和元年は1352年であるので、「文和元年壬辰年(1352)」であろう。

20110528bdsc09283

« 花坂の外記 hanazaka-no-geki | トップページ | 昭和村の歴史、批判。『火華』 »

会津学」カテゴリの記事