September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 6月9日(木)13時30分~15時、昭和村公開講演会。14日都内法政大JFMA国際セミナー。 | トップページ | かすみ草の植え付けの日、続く »

2011年6月 5日 (日曜日)

雨とミズノキ(標準和名ミズキ)の白い花

■2011年6月5日(日)曇り、雨。

 昨日定植したかすみ草にはこの雨は「よい、しおいであった」。会津若松市の会津稽古堂(会津図書館)で調べ物。7月28日の奥会津大学のための準備。会津在住であれば昭和村の私でもここは貸し出しカードを作成できる。返却ポストもあるので夜間に対応できる。

 いま村内を囲む広葉樹林帯では、葉の上に白い小花をたくさん咲かせたミズノキ(標準和名ではミズキ)がたくさん目立つ。両原の左岸山には群落で咲いているのが喰丸峠から下がって行くときに見える。水田に1本、堤防沿いに3本ほど植えてある。舟鼻峠でも見える。

 ミズノキはその実を秋に最初に熊が食べる。

白い花、だんごさし。

■現在、便利商店で販売されている隔月刊雑誌『oz  plus  2011−7月号」(5月28日発行、スターツ)の14ページと17ページにかすみ草が掲載されている。花は市村美佳子さん。女性が抱えているかすみ草はたいへん大きな花の白いかすみ草で通常は見ない品種(雪ん子系の、雪の舞、、、?)。

白い花、カスミ草。

■『ヨーガンレールとババグーリを探しに行く』(PHP、2009年刊)は、6月14日のこれからの花の生産と販売についての多くの示唆を含む。フェアトレードという商標ではなく、基本的価値を見つけることへ繋ぐ。

シンプルなものを作り出すには、どのくらい複雑なプロセスがあるかを現場を見てあらためて思いだし、驚嘆しました。(略)

 作り手の方々と私の生活の視点や価値観は、ていねいな手仕事で作られたものがもつ価値を考えず、軽率に作られたものに取って変わられようとしています。普段目にする多くの人は、典型的なアメリカ式の生活に影響を受けているように思います。強欲な製造と消費。どうしてそうなるのか、なぜそうするのかを考えもせず、その結果、次世代や環境にどんなものが残されるのか想像しようともしません。世界は、域もつかせぬ早さで、醜い方向へ変わっています。(あとがきより)

■6月9日の昭和花き研究会の取引会議のテーマは「ていねいな仕事、ていねいな暮らし」。かすみ草の生産・販売も311を契機に大きく転換しました。量的重視の販売は終了し、新しい価値観を持つ人たちとゆるやかにつながるような取組に大きく舵をきりました。「掌中の森、かすみ草」。

20110606dsc09700

20110605dsc09639_2

20110605dsc09643

20110605dsc09644

20110605dsc09651

20110605dsc09663

20110605dsc09670

20110605dsc09672

20110605dsc09665

20110605dsc09684

20110605dsc09682

20110605dsc09683

20110605dsc09674

20110605dsc09677

20110605dsc09679

20110605dsc09690

« 6月9日(木)13時30分~15時、昭和村公開講演会。14日都内法政大JFMA国際セミナー。 | トップページ | かすみ草の植え付けの日、続く »

地域の様子」カテゴリの記事