September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 降雨、台風5号北上 | トップページ | 昭和村の「おあたごさま」参り »

2011年6月26日 (日曜日)

沖縄からの来村・かすみ草に学ぶ人々

■2011年6月26日(日)霧雨

 未明、2時に起きて、昨夕に染色しはじめたかすみ草を引き揚げ、エチレンを止めるためSTS前処理剤に浸漬し5度で保冷しました。今朝集荷となるかすみ草を保冷庫から出庫したりして午前3時に仕事は終了しました。これからまた休みます。

 数日前より体調が悪くなり休んでいましたが、昨日は沖縄県の中央卸市場に入場している沖縄県花卉(かき)という荷受会社(花市場)から平社長ら3人が急遽、来村されました。取引先(顧客)ですので家の近く(大岐聚落)のかすみ草圃場・試作品種等を見ていただき、花芽分化時期の見分け方、苗の質、染色技法や品質管理などを紹介しました。その後、夕方、福島市に向け村を出られました。

■2011年、東北地方南部の福島県会津地方(当地、昭和村がある)は6月21日に梅雨入りしました。23日、24日は時折強雨となりました。一方、沖縄県は4月20日に梅雨入りし、6月9日に梅雨明けしています。

■昭和村は昨日が議員選挙最終日で8割の候補者が選挙カーを出して聚落内の隅々まで歩いておられました。そうしたなか、沖縄からのお客様を圃場(畑)に案内しました。今日(26日)が投票日となっています。本来4月選挙ですが、311の東日本大震災と、315の東京電力の原子力発電所事故と大量の放射能排出公害により延期となっていたものです。

■さて、100年後、奥会津の大岐聚落(家数9軒)に沖縄からなぜ人が来たのか?理解されるであろうか?かすみ草を求めて海を渡ってきたことを。

 たとえば100年前に隣国・越後から「カラムシ買い」(商人)が来たということを思い浮かべてみればわかる。

 商品作物(農産物)は、そのもの自体の流通は簡単だ。機構・機能がそれを可能にしている。しかし、それを作る人々、扱う人々が「交流」している実態についてはあまり知られていない。人がいるから遠路、人がやってくるのであり、それは山間僻地ということ、あるいは南方の島々という地域的隔離(首都を中心に見た場合)は障害になっていないことを意味する。

 日本国内各地から、現在、奥会津の昭和村に良質のかすみ草を求めて花市場・卸関係で働く人々が採訪する意味は、かつての「カラムシやアサ」「獣の毛皮や薬」を求める人々が来たであろうことを想像させる。3年後に世界中で発売されるであろう新しいかすみ草も、昭和村で試作されている。「交流」という意味は、生産地は来訪された人々に情報を与えることが目的ではない、ということ。つまり来訪された人々の仕事をていねいに聞き、そして来訪者の人生をたずねることがとても重要である。生産者はいつも熱心に自分の花作り哲学を語るが、それは「交流」ではない。ていねいな仕事の意味を、よく考慮して今年も花作り・かすみ草作りに臨みたい。奥会津産のかすみ草は、那覇を拠点としつつも、新聞包みのかすみ草が、人から人への手渡しで小さな舟で南の島々の隅々まで届けられ、その小さな島の公民館で地元の人たちが主催し、地元の人たちで装飾される催しで使われている。古来、日本列島弧で栽培・生産・活用されていた植物繊維のカラムシ(苧麻choma)は、この100年の間に人々は暮らしから消し去った。しかし沖縄と奥会津ではまだ連綿とそのカラムシを暮らしの中で続けている。

20110625img_6236

20110625img_6217

20110625img_6223

« 降雨、台風5号北上 | トップページ | 昭和村の「おあたごさま」参り »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事