September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 奥会津・小中津川、気多神社由緒 keta | トップページ | 3ヶ月ぶりの首都・東京訪問 »

2011年6月 3日 (金曜日)

昭和村の歴史、批判。『火華』

■奥付では、昭和48年(1973)11月に昭和村より発刊された『昭和村の歴史』であるが村内各家が購読した。執筆者は3氏が会津若松市の研究者、原始:小滝利意氏、古代・中世:山口孝平氏、近世:室井康弘氏(田島町)、近代:酒井淳氏。資料編 民俗:安藤紫香氏(南郷村)、自然:齋藤慧氏(塩川町)、図解史料:五十嵐朝良氏(昭和村大芦)

 しかし、昭和51年(1976)4月に昭和青年会が発刊した文芸誌『火華 (みつ)』第1号は、その批判が行われている。

 小柴健一氏「村史雑感」では、長い間この村史的書籍を発行するために多くの労をなさった村史編集委員の皆様が執筆者として腕をふるわれなかったことは、まことに残念です。というのは執筆陣を拝見しまするに本村にはあまり無関係のように思われる。地方史を書きなれた凄腕の人々ばかりで、地方史の地方史ともいえる村史には、もったいない気がしました。執筆陣によれば、近世、近代史の豊富さにくらべて、古代、中世前期史の貧弱さは資料がないという一言ですましているような書き方で、古代史にいたっては、5ページもあるうちに昭和村または昭和という活字がでてくるのが表題を含まなければただの一度きりです。それではあんまりではないかと考えて、一人の歴史愛好家として古代と中世前期史の空白を埋める気持ちで二、三点について書いてみます。(略)

 小中津川気多神社のこと

 野尻の経塚について

 中向集落について

■小柴健一氏は小中津川の気多神社由緒書によれば鎮座されたのは延喜三年三月(903年)とあり、班田収受の法に関係があったのではないか?古代の地積単位の刈(かり)という地名が全村的に残っていることを述べている。つまり古代・中世に由来する気配があるのに、それを調べていないし書いていない、という主張です。

■昭和56年の『角川日本地名大辞典 7 福島県』の小字一覧を昭和村域でみると、12の刈が確認できます。

(下中津川村)二十刈、三百刈、四百刈、百刈田

(野尻村)八十刈、二百刈

(大芦村)二百刈、下三百刈、上三百刈

(佐倉村)三百刈

(両原村)八十刈

(小野川村)四百刈

−−−−−

■北陸(能登)を拠点とする気多(けた)神社は、会津地方には2社しか確認されていない。昭和村小中津川の気多神社と、会津坂下町塔寺近くの「気多の宮」の気多神社である。こちらは古墳群が近接地に多く所在する。

 昭和村の中津川(下中津川・小中津川)で見ると、下中津川に沢を渡御する際の地名の気多渕(けたぶち)、小中津川に気多神社があり、小中津川のそれは当初山中にあった、とされている。

 気多渕はいわゆる中世山ノ内の山城・猿舘山の入口にあたる沢の出合いで、1525年の田島の長沼氏の侵攻時の「喰丸一戦」にまつわる場所と比定されている(『大沼郡誌』)。

 会津地方の越後拠りに所在する気多神社、金山・西山の伊夜彦(弥彦)神社、喜多方の古四王(越王)神社は、古代大和朝廷の会津開拓を示す古社として認識されている。地名としては御坂(みさか)、御坂山。

« 奥会津・小中津川、気多神社由緒 keta | トップページ | 3ヶ月ぶりの首都・東京訪問 »

会津学」カテゴリの記事