September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« リチャードさん、来村。かすみ草圃場を歩く、見る、話す。 | トップページ | かすみ草 610生育調査 »

2011年6月10日 (金曜日)

ていねいな花仕事の意味

■2011年6月10日(金)晴れ

 6月9日は午後3時以降、雷雨となった。11日午後1時30分、三島町川井の角田亀好さん宅・かすみ草生育調査。

 今日は、圃場のかすみ草株もとへかん水(水やり)作業。

■6月9日(木)午前9時から13時まで昭和花き研究会の取引会議・圃場視察。午後1時30分から3時まで昭和村花き振興協議会のかすみ草栽培講演会(セレクタ社の新かすみ草銀河、世界のかすみ草生産の現状)。進行は金山普及所長谷川浩先生。終了後、協議会の今後の行事について簡単な打合会があった。

 午後の講演には福島県内新聞2紙が取材に来られ、出荷繁忙期で立川幸一会長が欠席しているので副会長の私(菅家)が、講演中の1階図書室にて取材応対をしました。 

■ → 本名敬 の報告

  → 大芦家

  → 6月11日、池袋にたくみさん

  → 6月8日、矢ノ原

  → 中央花き(大田市場仲卸)

■「ていねいな暮らし」という基層(精神)文化を支えるために、わたしたちは今年、花を届ける、、、「ていねいな仕事」「ていねいな流通・販売」というのが今回の取引会議のテーマでした。311以後の社会では、私たちの暮らしにほんとうに必要なものがなにかが問われています。

  福島県・金山普及所の長谷川浩先生に311後の東電原発由来放射能の汚染状況と、昭和村産の農産物等は、現況が安全である旨の説明があった。

 クリザール・ジャパンの海下展也さんに、現状の国際情勢と花、品質管理の最前線を講話いただきました。

 また参加された卸・商品制作(花束加工)・小売りの方々からも、「ていねい」に話しを聞きました。国内各地の消費地でおきている精神文化の変化のきざしを語っていただき、そこにどのように花を提案するのか?北海道から九州地域まで卸の方々の意見を聞いた。

 いくつかの傾向が読み取れました。震災後、供給が少なくなる中で、単価は上昇する。たとえば60cmを使用されていた人は、必要な本数に限定してしっかりした価値のある80cmを使用する、、、という傾向。葬儀需要での地域別変化。品質のなかみ。またコストだけではない花の価値の創造。

 アルタイルという品種が主流となり、生産技術も登場時よりも向上し、どの産地からくる商品にも差異がなくなり、ことなるのは段ボールパッケージだけである。しかし、一方で購入者として選択できない品目にかすみ草がなってしまった。時代にあった、用途にあった品種というのはアルタイル1種類では実現できないし、海外でアルタイルが栽培されるなか(日本むけトルコギキョウ生産が盛んな、台湾の台中域でアルタイル満天星・牽牛星の栽培がはじまっている)、国産のかすみ草の生かす道を探ることも必要になっている。

 各卸から出されたのはトルコギキョウの国内事例のようにあたらしい品種が毎年出てくること、購入者側で選択する余地があること、そのためには昭和花き研究会には品種多様化の先陣としての責任産地であってほしい、という要望であった。そのため現在・大田花きでしか販売していないセレクタ社の銀河・セレブレイション・ブロッサムの3種かすみ草の早い出荷(2012年以降はオープン)を求める。

 また心性として、思いのこもったかすみ草としてフォレストに込められたブナの森の土地で生産される意味としての落葉の利用など、「杜の都・仙台」の復興に必要としている、、、、等。昭和村の生産者の皆さんの澄んだ心で作り、使う側の私たちの心を動かすかすみ草を、ていねいに作ってほしい、、、、。

 どの卸からも、絆kizuna、縁en、地縁(コミュニティ)が今年の鍵の言葉や概念になる、と語られた。

20110609gimg_5551

20110609gimg_5532

20110609gimg_5539

20110609gimg_5536

20110609gimg_5548

海下さんには昨年も生産者向けで当地で講演いただき、今回は流通品質管理の共有化を図った。

仙花の上原氏。

20110609gimg_5564

20110609gimg_5490

下中津川 4月8日ハウス内定植本名幸一郎氏メレンゲ。その隣のパワースポット。

20110609gimg_5482

20110609dsc09851

20110609dsc09865

20110609dsc09868

20110609gimg_5568

 

 

« リチャードさん、来村。かすみ草圃場を歩く、見る、話す。 | トップページ | かすみ草 610生育調査 »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事