September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 会津MPS連絡会・例会(6月8日)18時30分、籠太 | トップページ | 雨とミズノキ(標準和名ミズキ)の白い花 »

2011年6月 4日 (土曜日)

6月9日(木)13時30分~15時、昭和村公開講演会。14日都内法政大JFMA国際セミナー。

■平成23年度 昭和村花き振興協議会 第1回学習会が、主催:昭和村花き振興協議会で開催されます。村外等からも自由に参加聴講(無料)できます。

 ドイツ、セレクタ社のリチャード氏(通訳:深水孝明氏)を招き、国外のカスミソウ生産の動向や今後の展望について講演いただきます。豊富なスライド写真50枚にてかすみ草栽培の現在の地球上での現況にて詳細に報告が行われます。

 加えて、今後のカスミソウに求められる品質等について学ぶため、セレクタ社が開発したパールシリーズについてもスライド20枚、紹介いただきますので、お誘い合わせの上、ご参加ください。
 なお、今回、紹介いただく新品種については、今後、矢ノ原での試作・展示を予定しております。

~海外の事例紹介~
国外のカスミソウ生産の現状と
セレクタ社のかすみ草新品種について

2011年6月9日(木)午後1時30分から午後3時 奥会津:昭和村公民館 2階研修室

セレクタ社リチャード氏 通訳:深水孝明氏

参集者:花き(カスミソウ)生産者、その他関係者(無料)※村外者も聴講できます。
--------------------------------
■講演資料

        2011年6月9日
  Selecta Cut Flowers
 

1.演題:「カスミソウの世界現状と我が社のカスミソウ新シリーズ紹介」
 
2.Selecta Cut Flowers社 エリアマネージャー Richard Buis
 
3.講演要旨
 
(1) カスミソウの世界現状
  ・世界の栽培面積は、925ha
  ・南米 エクアドルのカスミソウ栽培
  ・アフリカ ケニアのカスミソウ栽培
  ・カスミソウの生育特性、気候条件、生育特性、生産性
  ・実際の栽培生産状況

(2) カスミソウ新シリーズ(PearlsⓇ Series)の紹介
   ・もっとも新しい世代の優れた特徴を持ったシリーズ
   ・生産者のみならず市場や花屋さんにも好評のシリーズ
   ・主な特徴
         花持ちが長い
         エネルギーコストの削減
         高品質・多収で適応気候が広い
         栽培しやすい
         環境にやさしい
         ハウスでの露地でも周年栽培可能
         アレンジやブーケにも使いやすい
   ・品種(2011年は大田花きを通じての販売、2012年から開放)
      GINGA
      Blossom
             Celebration      

-----

■ 6月5日追記:講演での予稿スライド70枚を事前に拝見いたしました。現在、世界各国で行われている栽培技法が明確に紹介されているほか、ロゼット打破のためのジベレリン処理や、環境負荷を低下させるための新しい植物保護技術も紹介されています。

 また品質管理では、採花後管理(ポストハーベスト)技術についてもたいへんていねいに報告されます。バケットの洗浄、保冷室等の衛生管理。採花(収穫)のタイミング・切り前。採花時は採花後10分以内でSTS溶液にて水揚げすること。開花室(オープニングルーム)でのトリートメント(管理法、時間、温度湿度)、その後、冷蔵保管(温度帯・時間)。

 通訳していただく宇都宮の深水孝明さんには以上の細部についても、よく説明いただくようメールで依頼いたしました。6月8日の午後2時に昭和村大岐の当家(菅家博昭)圃場にセレクタ社のリチャード氏・深水氏にきていただき、圃場視察をします。9日の午後に講演されます。

20110604se4

20110604se3

20110604se1

20110604se2

-----

■ なお、JFMAでは6月14日午後、都内・法政大にて花の国際セミナーを開催します。2004年1月20日のJFMAセミナーで、自身が開発に携わった花のフェアトレードについてスイスのミグロス(スーパーマーケット、SM)のニコル・メイヤー女史が講演されます。その後、社会環境の変化等で現状がどうなっているのかが明らかにされます。

 またエルフバケットのJELFAが主催した欧州花産業視察では2007年11月に、フェアトレードの花の加工を行っているスイス・チューリヒのアグロトロピック社やミグロス、コープの店頭を調査しています。アグロトロピック社は量販店へ花束を納品するだけでなく、スリランカでMPS・フェアトレードでのグリーン(葉物)生産や、スイス国内での花専門小売店の経営もしていました。

 世界の花の生産地は熱帯高地である中南米コロンビアやエクアドル、アフリカのケニアやエチオピアになっています。そうしたなかで大陸間輸送がジェット航空機から海上コンテナ船輸送に転換しています。その品質(温度・時間 CH値)を管理している新しい企業がフラワー・ウオッチ社(オランダ)です。この事業概要が報告されます。

 ミグロスはフラワー・ウオッチ社と合弁会社を持ち、また新たな花の品質管理をしています。

 フェアトレード(マックスハベラー等)は、大陸間、あるいは他国の農産物に依存せざろうえないスイスなどの事例からコーヒー、バナナ、花(バラ)などで取り組まれていますが、大きな商流が産地と消費地が直接繋がるダイレクト流通のなかで、どのような利点があり課題があるのかを明らかにします。それは日本国内での生産農家の立場と、卸・小売店、消費者との関係が変化しつつある(たとえば産地立地での農産物直売所の盛行)なかで、どのような取引関係が今後展望できるのか? 生産と販売の関係のあり方、、、あるいは構想され創造されなければならないのかを考えます。

→ JFMA

テーマ : 大震災後の日本の文化や生活環境を花を通して再生する、お花屋さん活性化セミナー「『消費者の目線に立った花売り場の作り方』と『日持ちする花の流通技術』」

  • ■日 時 : 2011年6月14日(火) 13:30~17:20
  •  
  • ■場 所 : 法政大学 ボアソナードタワー 26F スカイホール
  • ■参加費 : JFMA会員 15,000円(非JFMA会員20,000円) 情報交換会費込
  • ■内 容 : 

13:00-13:30  受付 セミナー会場入口(セミナー開始5分前にはご着席をお願いいたします。)

13:30-13:35  開会挨拶  法政大学経営大学院 教授  小川 孔輔 氏 

13:50-15:00  講 演 Ⅰ 「消費者の目線にたった花売り場の作り方」
ミグロ生活協同組合連合 切花・鉢物マーケティング部門 
シニアプロダクトマネージャー ニコル・メイヤー 氏(2004年1月以来、2度目の来日講演です)

15:00-15:15  休 憩

15:15-16:00  講 演 Ⅱ 「フラワーウォッチについて –花の流通における日持ち管理技術」 フラワーウォッチ社 代表 イェロン・バン・ダー・ヒュルスト 氏

16:00-17:15   パネルディスカッション 「大震災後の日本の花き業界は?」        
コーディネーター  ●小川 孔輔 氏   
パネラー  ●ニコル・メイヤー 氏
●イェロン・バン・ダー・ヒュルスト 氏
●昭和花き研究会 会長 菅家 博昭

●㈱大田花き 業務専門店チームリーダー 宍戸 純 氏
●フルーロン花佳  代表取締役  薄木 健友 氏

17:15-17:20   閉会挨拶   ㈱ゼントクコーポレーション 代表取締役副社長 伊藤 瞳 氏

17:30-19:00   情報交換会

■2004年1月、来日時の記録より。ニコル・メイヤー女史。JFMA菅家撮影。

20040121otams

20040121rose

20040120dsc02410

20040120ms2

20040120ms5

20040120ms4

20040120ms1

■2007年11月 JELFAスイス視察。菅家撮影。

2004agri6

2004agr1

開花速度計測・測定記録をしながら花持ち試験をしている。優れた創造的な取り組み。

2004agr2

« 会津MPS連絡会・例会(6月8日)18時30分、籠太 | トップページ | 雨とミズノキ(標準和名ミズキ)の白い花 »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事