September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 大田市場の中央花卉の店頭にかすみ草 | トップページ | かすみ草の検査結果 »

2011年6月21日 (火曜日)

奥会津での地域(集落・邑)の調べ方(試案)

■7月28日開催の第2期:奥会津大学の拙講の概要試案を掲載します。午前9時より昭和村下中津川でのフィールドワーク(地域遺産を散歩しながら調べるワークショップ・踏査)、午後2時より公民館2階研修室でPPTスライドを使用した解説と地域の調べ方講座。

 → 奥会津大学ブログ(苧麻倶楽部)

 → 奥会津ネット(PDF1面しかリンクがないので、裏面の申込書をダウンロードできませんが、、、)

■2011年7月28日 奥会津大学 地域の調べ方(予稿・試案)昭和村大字小野川字大岐 菅家博昭(農業)

1.現地を歩いて(フィールドワーク、踏査)して、「台帳(リスト)」を作る。
 年号、材質、石材ならどこから切り出したか?、由来・由緒、現状、スケッチ(写真)
 観察の仕方(地勢学的・歴史学的・考古学的・自分が時代区分ごとに当事者になりきってみる)→まとめかたは「事実」と「意見・考え方・推察」は分ける。

2.地図を作る
 グーグル(インターネット)の航空写真、国土地理院の航空写真(過去)
 2万5千分の1、5万分の1
 地元自治体 1万分の1
 国有林(森林管理署)施業図・林班図
 字切図

3.文献調査をする

4.聞き取り調査をする
 地名(呼称・呼び名のまま記録する)
 できごと、、、など

5.わかったことと、わからないことを、まとめてみる

6.はじめてその集落(村)に来た人に案内するガイドをすると想定して、見所(名所・遺構)、名産(過去・現在)、人々のていねいな暮らしの紹介(家廻り、畑、里山)を考えてみる。

7.時代区分と奥会津モデル
(旧石器・縄文時代)→ほとんどの地域にある→地勢学的立地環境が異なる→なぜか?
(弥生時代)
(古墳時代)
古代
中世→1400年代後半から蘆名(芦名・あしな)、山ノ内、川原田、長沼の4家の支配下
 各集落に城館柵等跡・関連地名・愛宕山の分布など、、、巡回ルートを考える。
 寺・神社等の建立もこのころから近世にかけて。
近世→石像物や現在につながる産業。木地屋遺跡。
近代→石碑類、地域の開発、堰の改修など。
現代→

8.各教育委員会等の専門家の監修を受けた後に、集落毎に案内板と、現地標識を作り、現状での保存活用を考える。石仏等は盗難に注意(すべてを公開しなくとも良い)。写真掲示等。

« 大田市場の中央花卉の店頭にかすみ草 | トップページ | かすみ草の検査結果 »

会津学」カテゴリの記事