September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 7月28日午後、洪水へ。 | トップページ | 西山地区 »

2011年7月30日 (土曜日)

福島・新潟豪雨へ

■2011年7月30日。雷雨。雨続く。

 7月28日から強雨となった奥会津地方の昭和村では、我が家のある小野川地区、大岐地区では同日午後より水田転作畑が本流の滝谷川の増水により、流れ込む支流水が吐けなくなり出水し、浸水(冠水)した圃場(カスミソウ等)が多く発生しました。

 水は野尻川流域でも同じです。

 28日の午後の集中豪雨により会津各地の道路斜面が崩壊し通行止めが続いています。

 29日になり、日本海から南下する前線による豪雨は新潟県境の越後山脈にぶつかり、冬期間の雪を降らせるような範囲での短時間の豪雨が続き、福島県南西部の檜枝岐から旧・南郷村、伊南村、只見町の伊南川流域の出水が現在も続いています。

 29日の夕方より只見町全町内に避難勧告、暗くなってから南郷村等の集落に避難勧告が出て、只見川の増水により流域町村にも避難勧告が出ています。

 昭和村の北に隣接する金山町本名ダム、本名変電所が浸水し21時前に停電が発生し、昭和村の半分の電気が消えましたが、30分ほどで回復しました。一方、奥会津での停電は続いています。

 昭和44年の8月の只見川流域での大水害では、満水にして保持していた発電等ダムが、流入する雨の量に耐えきれずに放水をすることで発生したダム水害でした。今回、新潟県の五十嵐川流域の水害はテレビ報道では笠堀ダムが放水をはじめている、ということから、ダム管理上発生した人災である可能性が高くなっています。通常水位を下げておく必要性があるのに、満水で保持する、ということから非常時に意味をなさないダム水害です。
 
 福島県の伊南川流域には大きな発電ダムは少ないため、内川地区にダムを、という流れが過去から有り、設計図、ダムサイトの地質調査等もすでに出来ていますが、鮎漁に影響が出る等のため凍結されていますが、今回の伊南川水害で、それが再燃する懸念が出ています。水害になる場合、大量の雨のほか、過去の流域の森林伐採等の開発行為がある場合が多いため、検証が必要です。
 
 また基本地盤が雪蝕地形で保水が弱い場合に、過去50年間に大量のブナ等を伐採しており、過去の森林保水率と異なるため、降った雨が直接出水する、ということになります。

■テキストで読める適切な災害情報 NHK → 非常時の福島県・新潟県の現在の水害情報

 南会津町の伊南川流域は南郷トマトの生産圃場があり、尾瀬リンドウ、カラーの生産地域です。

■昭和村内の2河川、野尻川、滝谷川の水位は下がっています。

■昨日、夕方、東日本板橋花きの仲卸・すずき商事の石井さんからお見舞いの電話をいただきました。8月1日の朝、同店頭にて昭和花き研究会のカスミソウフェアを行い、私も店頭に立つ予定でしたが、この水害のため上京は中止としました。ただフェアを行うことが決まっており、石井さんにお願いいたしました。

 また、大田市場の中央花き店頭では7月22日頃よりセレクタ社の銀河という新カスミソウの販売を行っており、7月29日(金)、8月1日(月)にも銀河フェアを、大田花きセリ場でその展示を行っています。こちらも昭和花き研究会の花を納品しています。ただ上京は出来なくなりました。

  7年前(平成16年7月)の洪水被害時に来村見舞いされた姫路生花の田寺常務からも電話にて見舞いいただきました。

■8月1日販売のカスミソウは7月29日(金)の半分の500箱の予定です。各社半数まで減ります。今後の被害状況は秋作のカスミソウに影響が出てきます。冠水(浸水)した圃場では、根が長時間水没していることから生育活性が弱まり、根腐れや、土壌病害の立ち枯れ病が発生してきます。栽培している面積が減少し出荷量に影響が出てくるのは8月盆明けからの出荷分になります。

■昭和村花き振興協議会では、7月29日(金)午後1時30分より野尻中向の集出荷所(雪室)で、水没・冠水したカスミソウ圃場の保全対策を金山普及所の長谷川浩技師が、参集した30名ほどの生産者に伝達しました。また染色技法についての技術指導も行いました。

■7月28日の夕方から29日に昭和村村内のカスミソウ圃場をあるいてみてみると、今後への影響が予測されることから、この大雨が収まってから、再度、村内の被害状況調査が行われると思います。斜面崩壊や土砂崩れがあり、矢ノ原地区でも下中津川側で道路が埋まっていることなどから、今後の対応策が重要になります。

 今日、日が出てから明るくなってからの水害被害状況が明らかになり、2011年8月はその水害復旧のための月になってきます。奥会津では昨年12月のクリスマス大停電(大雪)で3日間以上、寒い中で停電を経験し、今年311の地震・東京電力による原子力発電所からの放射能拡散を経験しています。災害の年になっています。

20110830dsc02646

20110830dsc02642

20110830dsc02680

20110830dsc02665

20110830dsc02664

20110830dsc02694

« 7月28日午後、洪水へ。 | トップページ | 西山地区 »

花と農業」カテゴリの記事