September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« あげあげ、、、、 | トップページ | て 手 TE(ツル植物の栽培) »

2011年7月10日 (日曜日)

コメは水がつくる

■その場所を訪ねる機会を定期的に持つ、ということはとても大切なことです。

 福島県喜多方市山都町。「本木・早稲谷 堰(せき)と里山を守る会」が平成20年に発刊した『本木上堰の歴史と自然』。

 巻末に関係者の声が寄せられている。本木の高橋昭宏さんは「米は水で作ると言われていた」と書いている。

 その水を水田に引き、水稲(イネ)を育てるためには、水をどのように確保するかが大切なことになっていることを示している。

■下の写真は奥会津の水田風景で、小さな区画には豊かな土手がめぐる、水田を仕切る畦畔(クロ・あぜ)の草は馬を育てるのに必要であった。その馬は収穫された稲を運び、また水田を耕し、そしてその糞尿と草を踏ませて堆肥を作り畑や田を肥やした。

 つまり、土手(あぜ)が多いほど、豊かな暮らしを保障する草を生みだす風景となる。土手の草(植物)が馬などの暮らしに必須な生き物を養育した。

 不足分は野の草を刈る。

 水稲栽培は、冬越しのための馬の飼料であるイナワラでもあり、野の草だけでは足りない部分を補う。つまり、見方を変えると、「イナワラを収穫するために水稲(コメ)を栽培」しており、冷害で実たるコメが不作であってもイナワラは収穫できる。水田内ではイナワラを栽培し、それを区画する畔(あぜ)では草を栽培する。その両方を持つのが水田である。

 草が支えた社会が近世・江戸時代から昭和30年代までの日本の農村の景観を作った。

20110711rimg1746

20110711rimg1751

2011年7月11日早朝、菅家博昭撮影。

« あげあげ、、、、 | トップページ | て 手 TE(ツル植物の栽培) »

会津学」カテゴリの記事