September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 震度5地震続く | トップページ | 夏の染めカスミソウ染色技術講習会(7月29日午後) »

2011年7月26日 (火曜日)

開村伝承と島立伝説

■2011年7月26日(火曜日)

 かすみ草の出荷量は昭和花き研究会では、出荷日で、800から900箱で続いている。天候は午後より雷雨になる、という日々が続き、ヒグラシ蝉声の高い声が曇ると鳴く、夕暮れに鳴く、、、、という繰り返し。いつのまにか、融雪後の5月に村の周囲のブナの葉が展開し(ブナがほきる)、陽が照ると春蝉が鳴く、、、、なかで6月になり、7月早くに梅雨明けすると、陽が陰ると鳴くヒグラシ蝉に切り替わっている。陽光とともに鳴く春蝉と、陽光が陰ると鳴くヒグラシ蝉(せみ)。

 魚沼の鈴木健市君から百合が届いたので大芦家の佐藤孝雄氏にお裾分けをした。そこで25日の福島民報(日刊紙)5面に掲載されている記事を見た。「昭和のカスミソウPR ヨーク県内2店 きょうまでフェア」(3段記事、カラー写真)。24日に開館する白河市立図書館の記事が隣にあり、今年は会津稽古堂内に会津図書館(市立)も開館している。

 日本の女子サッカーが優勝し、「なでしこ」が連呼されている。カスミソウは標準和名が「こごめ・なでしこ」(小米撫子)で、ちいさなナデシコ、である。

■7月25日(月)雷雨のなか、小野川地区、大岐地区での長谷川浩先生(金山普及所)のあぜ道講習会(村内集落ごとの巡回方式に今年からなっている)。午後2時、2時30分に行われた。

 今日(26日)午後2時は野尻中向(のじり・なかむかい)の花の集荷所で、昭和村花き振興協議会事務局会議がある。

 27日は総合健診日。28日は奥会津大学の講座日(午前10時からフィールドワーク、午後2時から昭和村公民館で講義)。その合間の昼休みに日経の取材応接がある。

■誠文堂新光社の編集部から電話があり、改訂し10月のIFEXに出版されるJFMA『お花やさんマニュアル』に執筆することになった。初版に執筆していたが、改訂版では生産者記事は無くなり、今回の第2訂版では再び掲載されることになった。8月はじめが締め切り。現在同社の『農耕と園芸』月刊誌に「花事放談」を宍戸純さんとの往復書簡として連載している。8月号には花の放射線(核種)検査などについて書いた。

20110727hako

20110724rimg0017

20110724rimg0019

■その集落(村落)はどのようにしてはじまったのか、その物語が必要な時代になっている。特に2011年3月11日の東北大震災による大津波による集落崩壊、地震により東京電力第一原子力発電所を発生源とする放射性物質の拡散公害(現在も継続中)による離村、あるいは住み慣れた地域からの避難という原発公害難民が福島県だけで3万人ほど発生している。

 日本の島々には島立伝説という、島のはじまりの物語が残る。

 1713年、『琉球国由来記』によれば竹富島の「むーやま(六山)・やーやま」の島立伝説が掲載されている。

 集落を囲む自然環境の財産目録(植生・動物・昆虫)と、人文的な財産目録、集落遺産を含めて、地名やそれにまつわる人々の思いで(記憶)を、再編集・再編成して子供に聞かせられるような方式(物語方式)が求められている。基本は調査で、それをまず行い記録による列記保存ののちに、活用段階(伝承段階)に移る。デジタルカメラやケータイなど、撮影機器が汎用化している現在は、集落遺産への看板設置はとても有効である。

 

« 震度5地震続く | トップページ | 夏の染めカスミソウ染色技術講習会(7月29日午後) »

会津学」カテゴリの記事