September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 2011年7月、前年比80% | トップページ | ko-zamui 小寒い »

2011年7月31日 (日曜日)

邑の閉じ方

■2011年7月31日(日)晴れ。

 7月27日から降り続いた雨は28日午後に、当地でも洪水を引き起こした。29日は下流域の新潟県内に浸水は広がった。

 圃場は冠水(浸水)し、陸上植物の根が長時間酸欠状態となると枯死する。それにより活性が失われ、また雨続きで低温低日照が、急に高温・多日照になり水分均衡が失われる。また水により遊走子が「ガソリンが水たまりに虹を作って油膜で広がるように」土壌病害が広がる(立ち枯れ病)。

■7月上旬、H集落を訪ねた。先年、鎮守の山の神様のお堂を解体した。それを指揮した方は春遅く亡くなって、家は空き家になっている。住んでいない家が多く、人が暮らすのは2軒だけとなった。

 木地屋の拠点集落である源流の邑(ムラ)。山の木を切り尽くすと他所他山に「飛び」を繰り返してきた人々。自分の暮らす家の「始末」より最初に邑の行方を考えたときに、最初に人々を支えた「山の神様のお堂」を解体し、「始末」している。近世にも、このような邑の閉じ方をしたのだろうと思った。

 故人は葬儀の後、この地の墓地に埋葬された。そこをたずねてお参りした。地区の人が一人、道を歩いてきて語るには、「こちら側の墓石群は私たちとは無関係のさらに古い時代の木地屋さんたちの墓です」という。隣接した墓地にも分けが行われていた。

■雨の降り続いた3日間、圃場はぬかるみ入れない状態で、排水路を拓いて水を抜いている。また株葉が長時間浸水していたため腐り始めており、今後の雨を予想して屋根ビニルの被覆を行っている。

■8月1日販売の出荷数は670箱。輸送は一部大型車両が入れないため(三島町)小型車両で搬出し積み合わせをしている。また金山町中川に拠点をおく当地のヤマト運輸も営業再開できずにおり、集荷が行われない。

20110731img_7723

20110731img_7729

↑柳津 虚空蔵尊下、只見川

20110731img_7730

20110731img_7745

↑国道252号線、柳津町・三島町間は通行止め

20110731img_7736

滝谷川の只見川合流地点。只見川流域のダム湖内は、これまで大量の土砂が堆積しており、つまりダム機能をかなり以前から果たせない、浚渫も進まない状態である。

20110731img_7742

青い屋根が多い湯八木沢

20110731img_7749

20110731img_7750

20110731img_7759

西山温泉、砂子原火山火口北壁の崩壊は311からはじまっている。周囲の枯れ木は「カシノナガキクイムシ」に昨年(2010年)まで罹患したミズナラ類のもの。

20110731img_7758

↑東川

20110731img_7766

↑大成沢南域(上流)のブラックバンド、沼沢火山由来。

20110731img_7781

20110731dsc02782

工事中の大規模林道から流出した土石流が畑を埋める(琵琶首)

20110731dsc02763

« 2011年7月、前年比80% | トップページ | ko-zamui 小寒い »

会津学」カテゴリの記事