September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« この花はたいせつにします、、、 | トップページ | 本名の柵 hon-na-no-saku »

2011年7月24日 (日曜日)

市村一雄著『切り花の品質保持』(筑波書房、2011年6月刊)

■(独)農業・食品産業技術総合研究機構 花き研究所の市村一雄先生の最新著作『切り花の品質保持』(筑波書房、3000円)が6月に発刊された。

 切り花の収穫後の生理機構、つまり鑑賞価値を失う老化の原因とメカニズムをていねいに紹介している。これまでのエチレンだけでなく、植物ホルモン、糖質の変化、高分子化合物、生体膜、プログラム細胞死、導管の細菌汚染や切り口からの空気およびキャビテーションによる導管閉塞など、世界の最新の研究成果が盛り込まれている。

 また各論として22品目別の対策も明示しており、花き生産者・流通関係者・加工業者・小売業者等、必須の書籍となっている。

 先生は2000年に筑波書房から『切り花の鮮度保持』も出版されている。10年を経ての最新情報が今回の『切り花の品質保持』には詰まっているので当「菅家ブログ」愛読者諸賢にも、246ページの本所を是非、一読をお願いしたい。2011年の必携本である。

20110723dsc02490

20110723dsc02491

■2011年10月20日(木)13時から、つくば市の文部科学省研究交流センター2階会議室で、平成23年度花き研究戦略会議が開かれる。主催は花き研究所。

我が国のこれまでの花き産業の発展と今後の展望(岐阜大応用生物科学部教授 福井博一)

農研機構における花き研究の主な成果と第3期中期計画における取組(花き研究所 花き研究領域長 市村一雄)

東シナ海に浮かぶ生産額40億円を誇る花の島(沖永良部花き専門農協参事 大福勇)

日本有数の豪雪地帯における日本一のカスミソウの産地形成(昭和花き研究会 菅家博昭)

中京地区における新たな花きの流通基地(名港フラワーブリッジ副社長 林悦考)

総合討論

−−−2日目(10月21日)−−−

世界をリードする日本の技術力と連携力が生んだ多弁咲きシクラメン、その実用性と発展性(北興化学工業 寺川輝彦、花き研究所大坪憲弘)

航空機輸送のための品質保持技術の開発とリンドウの輸出促進(岩手県農業研究センター小林卓史、花き研究所湯本弘子)

花きの効用解明と医療現場への応用、フラワーアレンジメントによる脳と心の癒し(茨城県立医療大学 山川百合子、花き研究所望月子)

第3期中期計画期間における産学官連携の取組方向(花き研究所規格管理室長 吉岡佐知子)

総合討論

« この花はたいせつにします、、、 | トップページ | 本名の柵 hon-na-no-saku »

雑誌図書新聞等情報」カテゴリの記事