September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 945箱(7月22日) | トップページ | かすみ草の生育 »

2011年7月21日 (木曜日)

人が支える歴史

■会津地方の歴史、特に文書・資料の少ない中世の歴史解明には、大きな障害となっている。

 しかし、そうしたなかでも少しの資料をたんねんに後世に残してきた人たちがいる。

 まず、現在の会津坂下町塔寺にある「塔寺八幡宮」は、1347年頃から1625年頃まで、280余年間の天変地異や事変を記した『塔寺八幡長帳』がある。120m余に及ぶ記録で中世後期から近世初期の会津地方の出来事が記録されている。

 たとえば宇佐見龍夫氏の1979年の『資料 日本被害地震総覧』(東大出版会)なども、この八幡長帳の記録を調査している。416年から2001年までの地震について2008年に新編として最新版が出ている。

 1672年に会津藩士の向井新兵衛吉重は、全9巻からなる『会津旧事雑考』を編纂している。これも八幡長帳を含む資料と、民間伝承、碑文などが網羅されている。向井は1662年に『会津四家合考』という会津藩主の芦名・伊達・蒲生・上杉についてまとめている。

 『金山町史(上)』で高橋富雄氏は『八幡長帳』を基にした『異本八幡長帳』は1752年(宝暦二年)に『会津旧事雑考』などを参照し構成している、としている。なお、『異本長帳』と『会津旧事雑考』や1809年の『新編会津風土記』をもとにして『会津四家合全 山ノ内氏家系之事』が書かれたとも推察している。『異本』『合全』とも編者は不明である。

 これら資料をさらに現在に保存しようとして取り組んだのが喜多方市関柴町生まれの菊地重匡研介である。『会津資料叢書』として大正9年頃から会津の古文書・文献を出版している。

« 945箱(7月22日) | トップページ | かすみ草の生育 »

会津学」カテゴリの記事