September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 大田花き 磯村信夫社長のコラム | トップページ | 緊急定例会・試作かすみ圃場公開(8月31日午後、大岐岩下) »

2011年8月30日 (火曜日)

2011年8月30日販売実績と現況分析(磯村コラム転載)

                    昭和花き研究会ニュース(2011年8月30日)

■2011年8月30日現在の販売結果
                                                                
│                          │箱数   │出荷本数 │市場売上額 │単価   │
│2010年│8月  末  計│20,571箱  985,528本 93,613,285円  95円/本
│2011年│8月30日 計│17,008箱  786,805本 80,204,918円  102円/本
│          │前年比      │83%    │80%      │86%        │107%   │
                                     
 311東日本大震災後、2週間、ガソリン不足等で宅配輸送が無くなり6月販売のかすみ草苗がすべて中止となった。また原発事故・放射能汚染による関係から作付数を抑制してきた。一方、かすみ草の放射性物質検査(検出されず)、関係機関の販売支援等により昨年より高い価格推移で8月末まで経過している。出荷数は2割減、価格は107%。

■大田花きの磯村信夫社長が、1ドル70円台の現況で、日本の花の単価相場は前年9割程度(1割安)で推移している、としている。また今後の産地運営に必要なことを詳述している。これまで通りの対応では難しいことを言っている。以下2つの最新の主張から(大田花きウェブサイトより転載)
----------------
競争力を増す輸入花(8月22日)

 今朝の荷姿を見ていると一足早く輸入品は充実して来ている。しかし国内生産者は盆休みで、国産の花は出荷量が少ない。毎年33・34週は花の専門店が夏休みを取るところが多く、金曜日まで花の需要は少なくなるが、今年は円高だから輸入商社の人たちはがんばって出荷をしてくれている。
 アメリカ経済が思わしくなくEUは金融不安、そこで今までにない円高となっているが、生鮮食料品花きの景気実感は「デフレが止まらない」である。切花の場合その理由ははっきりしており、切花相場を決める一輪菊が前年に比べ1割安い。その物価水準であらゆる花が推しはかられるから、小売店まで含め花き業界の総売上は9掛けに近くなる。もちろん新品種を投入したり、新しいサービスを付加したりして、価格維持に努めているが、8月期9月期は昨年の9掛けというのが今のところの予想である。(略)
 花は日本人が出て行って、日本に輸入されているものは私の知る限り5つくらいとほとんど無いに等しいが、輸入商社が現地の生産会社と組んで日本向けに毎年毎年質を向上させている取組は多い。円高を梃子に、更に輸入量は増えていくものと思われるが、日本の花き業界に通用する品質を作れる農場はそんなにない。というよりほとんど限られている。だから無尽蔵に入ってくるなんてことは考えられない。またその生産会社はしっかり日本の専門商社とタッグを組んでいる。しかもそういった生産会社は10ヘクタールの規模ではなくて、グローバル競争の単位である30ヘクタールの農場である。そういう会社とタッグを組むというとなまじの規模の受け皿では如何ともしがたい。日本では一社でそんなに同じものをたくさん取り扱えるはずがないから、輸入商社がバルクで持ってきてリパックして荷姿をととのえ、各卸売市場に出荷するということが流通上必要になる。野菜を作っていた人が花を作るようになって、また野菜に戻ってしまった今日。しかもデフレが続いている今年、輸入商社の動向に注目が集まっている。

---------
仕事の質を一段上げて生き残りを図る日本のバラ生産者(8月29日)

 一昨日の8月27日(土)に第21回大田花きバラ会議が開催された。大田に出荷するバラ生産者の方々にとって、夏の終わりを告げる恒例の行事になっており、例年通り元気な顔を見せてくださった。

 参加者は私と同じ団塊の世代の人たちと、代がかわった若い人たちの二層になっていた。この20年で内容は確実に変わってきた。今はヒートポンプというクーラーを温室に入れて、品質を年間高位平準化している生産者も多く、昔だったら温室にクーラーを入れてまでバラを作るなんてことは考えられなかったが、良いものを作るために実行している。当然コストは以前よりも掛かっているわけで、卸売市場が生産者のためになすべき機能をしっかり果たさないと生産者はペイする収入を取っていけないことになってしまう。それゆえ、卸は産地にこのようなサービスを提示します、一緒にこういうことをやって行き、こう小売店をサポートして、我々のバラを買ってもらいましょう。このように卸の持っている機能を生産者に再確認してもらうために、実際の成功例を発表した。

 産地が今まで通りのやり方で再生産価格をクリアすることはできない。損益分岐点を超え、子どもたちの養育費や自分たちの老後の蓄えをするためには、さらに質の高い経営をしていくことが必要だ。
 とある大手のJAでは、2010年の秋冬期を前に出荷先を再選定した。第一次テストはアンケート方式で「あなたの卸売会社はどんなサービスがあり、あなたの会社を利用する小売店、あるいは仲卸が卸している小売店はどんなところがありますか?」とペーパーテストを行った。次に第一次テストに合格したものは面接テストがあり、今後運命共同体として一緒にやっていけるかどうか産地が卸を選考する。
 こういう時代に入っており、生産地も卸・仲卸も小売店も消費者を一義に考えて、自社の存続をはかるべく取り組む先を決めて適切サプライチェーンを作り上げる。こう理解してくだされば、バラ生産者に自分のポジションと自分の強み、弱みを明確にして、利益が出にくい今の状況を一つの試練として受け止めてもらえる。「輸入品に負けるはずはないのです。最適サプライチェーンで必ず勝てます」とバラ会議後の懇親会でバラの生産者と確認しあった。

-----------
■台風12号が北上しています。9月2日から3日、東京湾に上陸し東北新幹線沿いに北上する雨台風、あるいは進路が西にずれると直上通過し被害が予測されています。
 9月3日(土)はヨークベニマル福島西店、いわきエブリア店でかすみ草フェアを予定しています。台風被害懸念時(警報発令)、被害発生時は昭和村からの店頭販促支援の参加を見合わせます。その場合、被害回復等の様子を見て4日(日)に店頭支援します。 
 以上の点については30日に加藤バイヤー、開成生花林社長に連絡します。(文責・菅家博昭・昭和花き研究会)

« 大田花き 磯村信夫社長のコラム | トップページ | 緊急定例会・試作かすみ圃場公開(8月31日午後、大岐岩下) »