September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 産地と消費地を結ぶ | トップページ | 回収バケツ »

2011年8月17日 (水曜日)

差別化とは?

■2011年8月17日(水)

  8月16日(火曜)は早朝に集荷トラックが当地の生花(カスミソウ)を運搬していつもより早く出発している。18時に羽田空港の取り次ぎ輸送会社から「いつも14時に来るトラックが来ませんが、出荷されていますか?」とのこと。盆の帰省渋滞で到着していないと思われ、到着次第での対応をお願いしました。昭和花き研究会の事務所から取引先各社(この日は沖縄・福岡・広島・姫路)に花が延着となる可能性と打電(ファクス)しました。

 15日、16日とも暑い日中(夜は寒い・涼しい、、、、長袖が必要)、カスミソウはよく咲き、16日は朝4時の漆黒のハウス内でヘッドランプをつけて 採花をはじめ、8時までの4時間 採花した。現在、ファンタイム(フクカエン)、ドイツのセレクタ・カットフラワーの品種(銀河、セレブレイション、CV538試作)が開花しており、ブロッサム(セレクタ晩生種)も咲き始めている。17日(今日)の未明 採花する。フォレストは高畠の角畑が終盤、大田(上)も終盤、大田(下)が開花 採花中である。カネコ種苗(高崎市)の試作種も1つが開花をはじめている。

 昭和花き研究会では、今日(17日・水)販売数が510箱ほど。同地域のJA部会は1000箱超と急増している。盆前で越冬株、および切り戻しがすべて終了し、春植えの新植苗も6月中旬定植分が開花している。8月15日で前年の販売結果と比較してみたが、311東北大震災と東京電力の原子力発電所放射能広域放出公害の影響を受け、12%の減少となった。

 8月15日、出荷本数 609,720本(前年比80%)、販売額(前年比88%)

 16日午後、JAみなべいなみの為橋君から電話があった。8月1日付けで花の販売担当を離れた、との挨拶であった。13年間担当した、という。カスミソウサミット等、その後もいろいろと店頭販促活動等でお世話になりました。お疲れ様でした。

■包括的核実験禁止条約下での大気中核種の調査が行われているが、その群馬県高崎市での採取結果が8月12日時点でのものが公開されている。3月15日が最大の放射性物質を排出した東京電力の原子力発電所だが、その核種と、その後の降雪・降雨による数値変化が明確になっている。 → CTBT(PDFファイル13枚)

■原子力発電所依存の本邦では311事故以来、水力発電等の重要性が高まり、しかし治水上大きな懸念が生じている。只見川ダム水害(7月末)の現場がどうなっているのか、、、  → 会津の下流域の様子(喜多方市高郷町等)

 → 水田給水ポンプの問題

■宮崎県の彼が書いています。→差別化とは?

■会津学研究会では月例会を8月21日(日)17時より三島町西隆寺で開催します。→ 会津学研究会

■ファーマーズカフェ大芦家(おおあしや)では9月6日(火曜)、大芦家定休日に昨年好評であった集落散策のフィールドワークを再開します。午前8時30分頃、大芦家集合し、今回は小中津川を歩きます。気多神社(130年ぶりに渡御祭復活)、中世の居館跡、ごりんさま(法印)などを徒歩で。近日、大芦家のウェブサイトに予告が掲載されると思います(暮らしの情報誌・ミニコミ、、、『じねんと』には掲載されていました)。10月18日は佐倉を予定。 → 大芦家

■8月10日締切の原稿(4800字)を11日にJFMA事務局の松島義幸さん宛送付した。分担執筆で私は産地と花やの将来像について書いた。16日に返事が来た。2004年に発刊された『お花やさんマニュアル』は当時の阿部憲資さんが中心となって発刊されたもので、06年改訂版、08年改訂版が出ている。今回、4改訂版として新しい内容で発刊される(IFEX展示会の10月に誠文堂新光社から)。今回は8月10日までに全く新たに章立てして産地と小売店、消費者のことを考えて、書き下ろした。

 9月末まで、「地域の調べ方」について(4000字)を書く。『福島学』の総論(福島大学コンソーシアム)の第4部・地域の学び方、、、、「会津学研究会」については事務局の奥会津書房の遠藤由美子編集長が書くことになっている。7月28日の奥会津大学までのための下中津川の事前調査(踏査・聞き書き)をドキュメントする予定。

 10月20日、茨城県つくば市の花き研究所が主催する会合の予稿も9月はじめに提出しなければならないが、これとほぼ同じ内容のものを『施設と園芸』に5600字で投稿しなければならない(8月11日に依頼)。

 また農村漁村文化協会(農文協)の編集局の農業・園芸書グループの松本学さんから、8月12日付けで原稿依頼が来た。来年の1月に発刊される『農業技術体系・花卉編』追録版、、、第9巻宿根草のなかの「シュッコンカスミソウの品種・系統と栽培特性(改訂)」は9600字。10月末締切、、、、、

 

« 産地と消費地を結ぶ | トップページ | 回収バケツ »

花と農業」カテゴリの記事