September 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

KANKE/リンク

2006欧州視察

  • 20061101dsc00245
    2006年11月 JELFA欧州視察の個人写真記録。菅家博昭撮影。

2006年12月冬の沖縄

  • 20061203img_3812
    2006年12月の沖縄県内。花の生産地や街の様子。菅家博昭撮影。

2007年1月から

  • 20070401img_9892
    2007年1月から奥会津などの風景、菅家博昭撮影。

2007静岡カスミサミット東京

  • 20070201img_9619
    2007年2月1日に東京都内・大田市場で開催。

2007年4月から

  • 20070426img_5713
    2007年4月から、奥会津の風景、かすみ草生産作業風景など、菅家博昭撮影。

2007年5月の風景

  • 20070520img_0193
    2007年5月の奥会津の風景、かすみ草生産。菅家博昭撮影。

IFEX2007_TOKYO_01

  • 20071011ifexdsc02602
    144枚、菅家博昭撮影。幕張メッセ花の展示会。

2007年11月

  • 20071108dsc04006
    2007年10月オランダ、アムステルダムのホルティフェア、アールスメールマーケットでの印刷物資料

2010年1月

  • 20100131dsc00811
    2010年1月25日~27日、熊本県

2010年02月 かすみ草栽培

  • 20100212dsc00221_2
    2010年2月12日 かすみ草ファンタイムの砂あげ苗のポット仮植作業。撮影菅家博昭。

かすみ草写真集1

  • 20061010img_3904
    348枚。菅家博昭撮影。かすみ草生産地での撮影。

奥会津の風景01

  • 20060801img_4064
    387枚、菅家博昭撮影。おもに昭和村など。

2006北海道かすみ草サミット写真誌

  • 20060715img_0143
    2006年7月13日、14日。北海道夕張郡由仁町で開催された第4回全国カスミソウ北海道サミットinみなみそらち・ゆに

2006年夏の記憶

  • 20060913img_9418
    2006年の奥会津・昭和村、カスミソウ栽培の風景。菅家博昭撮影。

2006年秋の記憶

  • 20061114img_1169
    2006年秋の福島県奥会津の風景、カスミソウ栽培の様子など。菅家博昭撮影。

« 高崎の放射性核種分析 | トップページ | 差別化とは? »

2011年8月16日 (火曜日)

産地と消費地を結ぶ

花産地との新しい絆を作るための「あるく・みる・きく・つたえる」方法

昭和花き研究会 菅家博昭(カスミソウ生産農家、JFMA理事)

はじめに

  花は生産者による品質管理、日持ち延長技術、生花店による適正管理、消費者への適切な説明により消費や需要は喚起できる。しかしそれだけが花の魅力を伝える手法ではない。花の来歴や、それを生み出す生産地の地域性、人をクローズアップすることで、花の持つ魅力は高まり、花の持つ物語性は生まれる。まず生産地を訪問して、気づいたことを店頭で表現してみよう、というのが本稿の主旨である。交通手段の発達、情報手段の発達は、人々が行き来しながら、人と人とが絆を深めることが花ビジネスの21世紀の未来像であるからである。

1.産地訪問

  この数十年、我が列島に新しい産地は生まれていない。水田転作、つまり稲作から園芸振興に切り替わった時期や葉たばこ廃作等の社会事情により切り花生産をはじめた地域が多い。しかし開国した明治時代の輸出産物は球根であった。それを鹿児島県の沖永良部島は担い、現在も百合切り花・球根、ソリダゴ類などの栽培地として百年を超える花の産地を維持している。また北陸地方、特に富山県のチューリップ球根も輸出品であった。現在は切り花・球根である。花は最初に輸出品として産地形成がなされた。沖永良部島でも日本軍政下で百合球根をソテツの株もとに隠して守ることが行われている。多くの先人の工夫と熱意で花の産地は維持されている。

 こうした花の産地は輸送のための集団化、つまり生産部会という中間組織を作り、農協内での出荷組織になっているところが多い。現在は、各都市にある花の卸市場でこれら花の産地は新品種の展示や販促活動を行うことが多い。

 花の仕入れ先として卸市場や仲卸を訪問する場合、こうした花の産地フェアの機会を利用して生産者・生産組織と知り合いとなり、その後産地を訪問することが望ましい。またIFEX展示会などで生産地と名刺交換を行い、その後に産地を訪問したい。JFMAやMPS、JELFAなどでも定期的にセミナーを開催し生産者が多く参加しているのでそうした機会に生産者・産地と知り合いになる。

  年に数回、花の産地を自らの意志で訪問して、その花の栽培の歴史や品質管理を学ぶことはいくつかの花屋さんたちで行われている。

 花が産まれる風景、人々の写真を撮影し、関連資料を集め取材をすることで、花の理解は深まる。産地訪問に長靴と雨傘は必需品で、雨の日、雪の日も風景は大切な資料となる。この場合、露地栽培やハウス施設内の栽培された花だけを撮影するのではなく、花を産む風景に価値がある。できるだけハウス外の景色に気を配る。写真は一カ所で三カット撮影する(遠景・中景・接写)。

 福島県の会津地方の「花職人Aizu」というトルコギキョウ生産のグループは毎年六月に産地公開を行っており、取引先の卸を通じて、毎回二〇余名の生花店、卸関係者が集まる。花の定植や、ハウス内の後片付け体験を通じて産地理解と、その地域で暮らす人々を理解しようとしている。

 同じ会津の月田農園は六〇年かけ自生種のヒメサユリ(オトメユリ)を保持・増殖してきた。そのなかで里山の利用、落ち葉の圃場への施用などを通じ、露地でカラー栽培も行っている。それは『森のカラー」という商標で流通している。多種草花類も栽培しており、訪問者は多い。

  また宮崎県の高千穂・日之影などのラナンキュラス産地は福岡県内からの花店を産地視察に誘い、急傾斜地の棚田地形をたくみに利用した圃場や品質管理などを学んでいる。これには県の花担当者の積極的な提案と熱意があり実現している。

 バラや著名な花ではない、草花類にも、納得し気づく、そして学び伝える物語が産地には埋もれている。それを掘り起こすのが生花店・花屋さんの仕事である。

2.産地の姿を伝える

 東京都大田市場の仲卸・中央花卉では、沖縄県のタマシダや自生葉物をていねいに販売している。その産地訪問に同行したことがある。販売者である農協「太陽の花」の担当者の案内で島内の生産者宅を訪問しながら、必要な規格と品質を伝え、同時に生産地の環境を取材する。そうした農園は、たとえば今年は二度の台風による塩害で出荷ができなくなったが、その事実も店頭とウェブサイト(ブログ)で伝えている。産地からすれば、こうした支援はたいへんな励みになる。また中央花卉では東日本大震災の後、取引先生産地等への被災地支援活動も行っている。家屋からの泥だし作業を通じて、その花の生まれる地域の理解を深めている。

 取引のある卸や仲卸が生産地を訪問するときに同行して取材する、ということも可能である。産地は多くの人で維持されている場合、誰にフォーカスして取材するかも大切なことである。卸や案内される現地農協の担当者からそうした情報を入手できる。

3.花の品質管理を学ぶ

 生産地では、定期的な花持ち試験や、放射性物質(核種)検査を定期的に行っているところもある。特に前処理を必要とする切り花類(カーネーション、デルフィニウム、スイートピー、カスミソウ等)では、品質保持剤の会社とともに最新の花持ち延長技術を検討しており、それを学ぶことができる。水揚げのバケツの衛生管理(洗浄)、使用水の管理なども学ぶことが出来る。

 筆者の奥会津・昭和村では降雪を貯蔵し予冷施設(雪室)を持ちカスミソウを夏場に長持ちして利用していただくための研究を行っている。産地視察は村役場や県普及所も受け入れており、生産団体によらずとも気兼ねなく学ぶことができる。

  花には来歴があり、育種も多様化している。また育種は世界各地で行われており、それら産地も世界各地に所在している。産地はそれらを訪問し、世界の最先端の情報を所持しているところも多く、その品目の情報はこの産地で、というような視察・交流先を持つことが大切になる。

 札幌市のフルーロン花佳の薄木健友さんは、産地視察を続けて学んだ花別品質管理を、自ら花持ち試験を店内で行いながら、品質管理技術の開発と普及にまで高めている。

 消費者にフラワーフード(品質保持剤)の普及を図ることも産地フェアでの重要な任務である。花を日持ちさせるのは飾る人の気遣いがいちばんに大切だからで、たとえばイギリスやフランスでは花瓶洗浄用の塩素タブレット付きフラワーフードも花束に添付されている。これは「花をもう一日長く飾るためにはあなた(消費者)による花瓶の洗浄で清潔な花瓶環境が必要です」というプロモーション・説明を伴っている。

4.海外の事例

  オランダでは業界向け展示会が秋に行われている。春には国民向けのオープンハウスという農園開放日が行われている。日本では行われていないが、業界向け農園公開・産地公開が進むと、次に市民向けの産地公開が求められる。

 オランダでは展示会が大規模化しビジョンを失ったなか、卸が主体となり農園主が小規模ブースを出展しバイヤーと交流するアールスメール・マーケットが盛況である。

 またフランスのランジス市場では、持ち込み農家とバイヤー(花屋)が朝に対話できる時間・場所を各仲卸が維持している。名古屋地区の中京花き園芸のような仕組み(生産とバイヤーの対話)は日本国内には少ないが、こうした交流の場を仲卸は今後定期的に持つことが求められる。卸(荷受会社)ではJFI(FAJ、豊明花きなどのグループ)がトレードフェアを行い生産者とバイヤーの交流を進めている。

 海外の農園は、まず環境認証取得(MPS等)や、フェアトレードの取組を説明する。農園内にもそのような施設(品質管理)も見られる。

 日本では、MPS取得農家では、そのような意識も高く、農園を公開できるところが多くなっている。また定期的に産地フェアを消費地で行うところも増えている。しかしその取組自体が目的となってしまっており、それらは本来手段として行い、目的は生産地の文化や地域理解に進むところまでいっていない。

 今後、産地と小売店の交流が進むなかで、店頭での産地紹介の技法が開発されたり、花の持つ文化性・生産地域の自然環境の保全と消費行動の一致などが生まれることが予見される。

5.おわりに

 2011年3月11日、日本列島の東半分を巨大地震が襲った。東日本大震災は、大津波が東北地方の太平洋岸に大きな被害を与えた。その後、福島県内にある東京電力の原子力発電所が3基爆発し、特に3月15日に飛散した放射能の公害が広範な影響を列島各地に与えている。

 筆者はその福島県西部の会津地方に居住してカスミソウ切り花栽培・生産を1984年から行っている。花の生産地を含む福島県東部の地域は強制退去となりトルコギキョウやリンドウの生産地が消滅した。降下した放射性物質、特にセシウムが今後大きな影響を残すことがわかっている。静岡県・神奈川県の茶葉も放射能汚染され、広く関東地方の茶葉は出荷停止となった。一時首都圏の水道水からも放射性ヨウ素が検出され、飲料制限が行われた。

 6月、ホームセンターで栃木県産腐葉土から放射性物質が出て販売中止となる。7月には広範囲(宮城・福島・栃木等)の稲ワラからも放射性物質が検出、それを飼料としていた牛の汚染とその肉が国内各地で販売されていたことが判明し、大きな社会問題となっている。今後、秋に収穫される米の汚染度が注目されている。

 一方、津波の甚大な被害を受けた岩手・宮城・福島の3県の被災地の供養では多くの花が手向けられていることも報道写真を通じて広く社会に伝わった。

 私たちの社会には、花が暮らしの必需品として位置づけられていることをあらためて学んでいる。花の持つ社会性が、人々の精神文化を維持し、社会の平穏を保っている。

 福島県西部の会津地方は戦後すぐ、戦後復興のため首都圏に送電するための水力発電所とダムが只見川流域に23基も建設された。原子力発電所の発電を優先するなか、水力発電はピーク時に使用するための予備電力として位置づけられた。しかし国内の原子力発電所が停止するなかで、水力発電の意味合いが過去に戻り優先発電となった。

 ダムに湛水している水は、いわばガソリン(石油)であり、燃料そのものである。それを下流に放水することはエネルギーを捨てるようなものである。しかし、7月下旬に新潟・福島を豪雨が襲い(会津豪雨)、発電ダムの満水の水は豪雨最中に放水され、「放流水害」を引き起こした。これにより福島県内のカスミソウ・リンドウ等の生産地圃場が流出し大きな被害を受けた。上流域は豪雨による土石流災害、只見川本流域はダム放水被害で、昭和44年8月の水害と同じ構図となっている。

 

 こうして見ると、台風被害、大雪の被害、火山災害も含め、私たちの暮らす日本列島内で行われている農業、花の生産は奇跡的に行われていることがわかる。その地域に暮らす人々のいとなみにより維持されていることがわかる。電気が東北(水力・原子力)で生まれ、首都圏の電力を支えていたことが、事実として311以後に知ったように、これからは社会性を持つ情報と切り離すことができない。

 しかし、こうした列島各地の花の生産地域は日々活力を失っている。どのようにして生産地と消費地との交流と相互理解を深めて、未来の花の生産と、花の精神性、物語を列島各地に保持、あるいは発展していくのか、その道筋を示してみたい。花を商品として、モノとして見ない方法とは、花の持つ文化性、それを維持する生産地の努力を理解するための小さな産地訪問の旅を繰り返す中で、気づいたことを小売店という店頭を通じて来店客に伝えることが重要である。小売店のスタッフ・店主の理解、発見が商品としての花の価値付けを変えることにつながる。

 自然環境(天候)の影響を植物は受け、生産地の変動それを消費者に伝える仕事が花の小売店・花屋の現代的意味合いである。人々は多くの地域とつながりながら生活をいとなんでいることをあらためて気づき、それが新しい絆を生む。

参考資料

日本フローラルマーケティング協会編・誠文堂新光社

『お花やさんマニュアル フローリストの仕事』2004年

『お花やさんマニュアル 改訂版』2006年

『お花やさんマニュアル2008-2009 フラワービジネスの今』2008年

農水省ウェブサイトhttp://www.maff.go.jp/j/seisan/kaki/flower/hosin09/index.html

花き産業振興方針(平成2249日公表)

バケット低温流通を核とした切花流通における品質管理マニュアルについて

http://jfpc.or.jp/hinnsitu%20kannrimanyuaru/manyuaru-syoukai.htm

※本稿は2011年8月11日にJFMA事務局に送付した、8月10日に菅家博昭による書き下ろし原稿で、10月の幕張メッセでのIFEX展示会・JFMAブースで『改訂版・お花やさんマニュアル』(誠文堂新光社刊)として発刊される予定です。2004年版・06年改訂版・08年改訂版とそれぞれに独立した内容となっている。2004年版に菅家原稿は掲載されているが、06年・08年版では依頼が無かった。2011年改訂新版では以上の内容が掲載される予定で、執筆陣はJFMA理事・顧問による。

« 高崎の放射性核種分析 | トップページ | 差別化とは? »

カスミソウ2011年」カテゴリの記事